ネット上には知らなくていいことも、たくさんある。ネットに限らないけど…

思い込みの恐ろしさ。

 

先日、ポルシェのディーラーに行きました。

営業マンから、話を聞き、試乗もしました。

 

もちろん、そんなことで決まるわけもなく、契約のけの字もないまま、帰宅しました。

 

ただ、そんなことは、車屋さんなら、ポルシェだろうが、ベンツだろうが、トヨタだろうが、中古車だろうが、当然でしょう。

 

そして、帰宅後、ネットで、いろいろな記事を見ていました。

そこで、目に飛び込んできたのが、

 

「徒歩で(車なしで)ポルシェを身に行ったら、受付で無視された」

「ベンツに乗っていったら、ロールスロイスに乗っていたお客を優先された」

 

などという記事でした。

 

なるほど。そうなのかもしれません。

お店に行く前に見ていなくて、よかったな、と思いました。

 

少なくとも、私自身は、駅から歩いてディーラーに行き、受付の人に目的を伝え、営業の人と話して、嫌な思い一つせず、帰ってきました。

 

「それは、気づかないおバカなんだよ」

 

とも言えます。

実は、裏では、

「歩いて来るなんて客は適当にしとけ」

と、言われていたかもしれません。

 

繰り返しますが、私自身は、そんな気配を感じなかったのです。

「実は、裏では…」

と、考える必要があるのでしょうか?

 

そう思われていたかもしれないし、私が感じたように、何とも思われなかったかもしれない。

 

わざわざ、「裏では…」と考えるということは、常々、

「自分は、軽く扱われる人間なんだ」

と自分で考えている、ということです。

 

 

「こんな自分はダメ」

と考えていると、全てがそういうように、とらえられます。

 

もしかしたら、歩きでポルシェに行った人は、緊張のあまり、トゲトゲしていて、声をかけるなよ!とオーラを発していたのかもしれません。

 

もしかしたら、ベンツでポルシェに行った人より、ちょっとだけ、ロールスロイスで来た人の方が早かったのかもしれません。

 

今回の記事は、車だ、ポルシェだ、ということで、お母さん方には実感を持ちづらかったかもしれませんが、話を学校や塾や、友人関係に置き換えても、同じことです。

 

学校では、

「いつも、この子は、私が来ると、避けて行っちゃう」

などということがあります。

 

本当にそういう時もあるし、傍で見ていて、それは考えすぎだな、という時もあるのです。

 

思い込みが偏ると、現実の生活を大きくゆがめることにつながりそうです。

どうせなら、自分は大丈夫、という思い込みを持ちたいものです。

※作家の林真理子さんは、いじめられていたことを、「この子たちは、こんなに私のことが好きなんだ」と思って、疑わなかったそうです。

 

私は、ディーラーに置いてあった、真っ赤なボクスター(二人乗りのオープンカー)を買うことはできませんでした。いろいろな意味で…

 

まだ、私には時期ではないのでしょう。

でも、それは私がダメということではない。

 

むしろ、ここで無理をして、買っていたらダメ、と今の私は感じます。

ただ、それも私の偏った思い込みなのかもしれません。

 

いつか、自然と真っ赤なポルシェを買える日が来るのだろうと思います。

あるいは、来なくても、別にいいのだと思います。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に