お母さんの言葉に必要な3つのこととは…

お子さんが動きやすい言葉かけのヒント3つ

 

 

「ウチの子、声をかけたら、わりとすぐにやりますよ」

 

と、私におっしゃったお母さんは、今、思いつくだけで、二人います。

一人は女の子のお母さん、もう一人は男の子のお母さんです。

 

男の子のお母さんが…!

 

そう衝撃を受けた方もいらっしゃるかもしれません。

大丈夫です。

そういうお母さんは、特に男の子の場合、ごくごく少数派です。

 

私にしてみても、声をかけて、すぐにサッサと動いてくれたら、とてもいいですよ。いろいろな意味で、ゆとりも出ます。

 

が、なかなかそうはいかない。

 

そこで、この二人のお母さんと二人の子どもを思い浮かべ、お子さんが動きやすい言葉かけに特徴がないかを考えてみることにしました。

 

思いついたのは、まず、

「内容が具体的」

ということです。

 

何をどれぐらい、やらせたいかが明確です。

これは、男の子の方のお母さんがおっしゃっていました。

もう、厳しい秘書っていうぐらいの細かさでした。

 

ただ、ご想像しやすいとは思いますが、お母さんの希望通りのことをさせようとすると、これは破たんします。

 

「そんなにできない」

「イヤ」

という話になります。

その点は、要注意です。

 

次に、

「時間が限定的」

です。

 

朝から晩まで、いつ終わりになるんだ!

 

と、子どもが思うと、やる気を失います。

時間のメリハリは、気持ちの整理と似ているかもしれません。

 

そして最後に、

「一緒にいる」

です。

 

これは厳密には言葉そのものではありません。

言葉のかけ方、あるいは、かけた後の関わり方です。

 

言いっぱなしは、どうもうまくいかないようです。

これは二人のお母さんとも、特にお子さんが小さいうちは、そうされていたそうです。

 

この3つ、文字にすると簡単ですが、実際に生活で取り組むのは、なかなか難しいです。しかも、続けるのは、大変です。

 

できるところから、できる時に、という程度の気楽さで、ヒントにしていただけたら、光栄です。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に