今日は、「ダメな母親」について考えてみました。

<お知らせ>

今週末、8月20日(土)・21日(日)の二日間、東京・有楽町の国際フォーラムにて「東京都私立学校展」が開催されます。

東京にある私立の小・中・高校が一堂に会する最大の私学イベントです。

私は、両日とも午前10時〜午後4時の開催時間中、会場におりますので、ぜひ足をお運びください!

小学校エリアの「むさしの学園小学校」ブースに声をおかけいただければ、すぐに出てまいります。

「私立小学校なんて、考えてもいないので…」と気後れされる必要はありません。二日間で5万人以上が来場する超大型イベントです。むしろ、毎年、特に初日は開会前に長蛇の列ができます。少しゆっくりお越しになることをオススメします。

 

````````````````````````

 

ダメな母親の特徴を考える。

 

「ダメな母親は、いない」

 

 

先日、久しぶりにブログのアクセス統計を見てみました。

ここ1か月で、一番アクセスが多かった記事は、

 

「デキる母親だけがする10の発言」

 

でした。

確か、Facebookの投稿にもコメントがいくつか付いたと思います。

 

おそらく、「デキる」というキーワードがお母さん方の心に引っかかったのでしょう。

言われてみると、お母さん方の話には、

「上手に子どもを導きたい」

というようなことが入っていることが多いな、と思いました。

 

では、その逆には、なりたくないはずです。

そこで、

「ダメな母親」

について、調べてみました。

 

「ダメな母親の特徴」と検索してみると、こんな記事が出てきました。

 

「ダメな母親の特徴とは?子育てに悩んでいる人は必見です!」

 

なるほど!

これが特徴か…

 

関心のある方は、ぜひ上のリンクからご覧になるといいのですが、私は読んでみて、

「これじゃ、ほとんどのお母さんはダメな母親になっちゃうよ」

と思いました。

 

そして、

「もし、挙げられているダメな特徴の全てを一切しないお母さんが、もしいたなら、子どもは相当に苦しいだろうな」

とも思いました。

 

少し具体的な話をしますと、私は子どもの言動を咎める時、「ダメ!」ということをオススメしています。子どもへの言葉は、短く、はっきり、分かりやすく、が大原則だからです。

 

ところが、私がこの話をすると、少なからず、お母さん方に驚かれます。

「先生、子どもにはダメって言っちゃいけないと思っていました!」

 

じゃあ、どうするんでしょうか?

否定せずに、あるべき状態を促そう、という趣旨はわかります。

が、子育ては毎日、24時間です。

コーチがクライアントにセッションしている限定された時間ではないのです。

怒鳴ったり、時には、手が出たり、まさに感情のるつぼで当然です。

 

ということで、私の思うダメな母親は、

「自分がダメだから、この子がダメ」

と決めつけてしまい、他の見方をしないお母さんです。

 

どんなに「デキる」お母さんだって、感情的になることがあります。

どんなに優等生に見える子だって、何かしら影の一面を持っています。

 

逆に言うと、どんなに「ダメな」お母さんだって、お子さんの心を励ます会心の一言を投げかけることだってあります。

どんなに劣等生に見える子だって、何かしら素晴らしい一面を持っています。

 

「常にデキる母親ではないし、常にダメな母親でもない」

 

つまり、

「ダメな母親は、いない」

と思っていいのだと私は思います。

 

結局、ブレないお母さんがいてくれると、子どもが安心していられるのです。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に