お母さんは、もう十分やってきたし、やっている。

「大丈夫」は魔法の言葉。

 

でも、意味は2通り。

心の言い訳としての、言葉だけの「大丈夫」を、心の底から湧き出る、温かい「大丈夫」に変えるには…

 

 

 

先日、久しぶりに卒業生のお母さんと立ち話をする機会がありました。

つい、懐かしく、いろいろなお話をし、楽しい数分でした。

 

その会話の中で、印象的だったのが、この会話です。

 

「まあ、結局、どうなっても全部、大丈夫なんですけどね」

 

全く、名言だと思いました。

その通り、どうなっても、できても、できなくても、成功しても、失敗しても、結局は全部、大丈夫。

 

お母さんが、そこまでドッシリしていてくれたら、子どもは本当に安心できると思います。

 

とはいえ、正直に私の感想を言うと、そう仰ったお母さんの言葉の中には、自嘲の色も見えました。

 

会話の流れから察すると、今のお子さんに不満という訳ではないが、本当はこうしたかったのに、そこまで引っ張れなかった、というような感じです。

 

このお母さんなら、多少の文句や嫌味を言ったとしても、きっとお子さんの今を受け止めてくれるとは思います。

 

でも、心の片隅に、後悔のようなものは残っているように、私には感じられました。

それは、白いワイシャツの裾口についた、ちょっとしたコーヒーのシミのようなものかもしれません。

 

気づかない人がほとんどなのに、自分では気になって仕方がない、そんな程度のシミです。

 

子どもは、そういうお母さんの本音に敏感ですから、他人から見ると仲良し親子でも、子ども本人には、

 

「ボク(ワタシ)は、お母さんを満足させられなかったんだ…」

 

という、やはり本人にしか気づかない、裾のシミがついています。

 

かくいう私自身、中学受験で、合格確実と言われていた学校に落ちた時、落ちたこともショックでしたが、母を傷つけたこと、期待に添えなかったことが、一番、ショックでした。

 

「大丈夫」は、魔法の言葉だと私は思います。

が、心の底から、それでいいよ、という大丈夫と、実は本音では納得がいっていないけど、仕方がないから、それでいいよ、という大丈夫の2種類がありそうです。

 

では、本音で思えていない、心の言い訳としての「大丈夫」を、心の底から湧き出る感情としての「大丈夫」に進化させるにはどうするか…

 

その重要なキーは、お子さんをそこまで引っ張れなかった、という考え方で、自分を責めないことです。

 

私自身の例でも書いたように、子どもはお母さんの期待に応えられなかった、という感情は、実態以上に強く持ちがちです。

 

お母さんが、ご自身を責めると、その傾向に拍車をかけます。

 

つまり、

「私は、十分以上に、やったんだ、やっているんだ、大丈夫だ」

という心の持ち方をすることが、一番、大事なのです。

 

そこまで、お母さんが思ってくれれば、お子さんは気遣いなく、自分の道を進んでいくことができると思います。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に