お母さんのイライラを鎮めてくれる、意外な動物とは…

時には、サメを思って欲しい。

ニシオンデンザメは、400年生きる。

 

 

時事ドットコムに、こんな記事がありました。

「400年生きるサメ?地球で最も長生きの脊椎動物か 研究」

こちら

 

タイトル通り、400年以上も生きるというサメがいると、国際研究チームが発表したとのことです。

 

このタイトルを見た時、私は思わず、クリックして記事を全部読んでしまいました。

400年…

ちょっと、私達の感覚から離れてしまっています。

いや、ちょっとどころか、全く、ですね。

 

今から400年前というと、1616年。

元号では、元和2年。

徳川家康が没した年だそうです。

 

逆に言うと、今年生まれたニシオンデンザメは、順調に育てば、2400年頃の地球を生きていることになります。

 

これを読んで、時間の捉え方って、生き物によって、かなり違うな、という気になりました。

 

「ゾウの時間ネズミの時間」(中公新書)という本川達雄氏の名著もありますが、時々、違う生き物の時間の流れ、成長の過程を考えてみることで、目の前の子育てや自分の成長の悩みから、少し解放されると私は感じます。

 

「今」を生きることは、とても大切なことではありますが、「今」できないことにばかりフォーカスすると、「そのうち」できるようになることも、「もうずっと」できない。という気になりがちです。

 

 

お母さんという立場では、「今」、お子さんができずに困っていることがとても心配だったり、気がかりだったりすることもあると思います。

 

どうしたら、早くできるようになるか、一生できなかったらどうするか、など、不安が高じて、腹が立ってくることもあるかもしれません。

 

「あの子は、あんなに早く、できるようになったのに…」

 

確かに、人によってできるようになるのが早い人、遅い人がいます。

そして、人によっては、一生できるようにならないこともあります。

 

私は、どうトレーニングしても、100mを10秒で走れるようにはなりませんが、小学校中学年の頃、100m走でどうしても20秒を切れないと思っていましたが、6年生の時には、何とか切れるようになっていました。

 

100mを10秒で走れないからといって、嘆く人は、ごくごく少数でしょう。

 

・一生、できないことがあってもいい。

・できるようになるために、時間がかかることもある。

 

こんな当たり前のことを、時々思い返すために、ぜひ、ニシオンデンザメを思い浮かべて欲しいなと思います。

 

今、北極海を悠々と泳いでいるニシオンデンザメは、江戸時代の生まれです。

今、ヨチヨチの赤ちゃんニシオンデンザメは、数百年後の海を味わいます。

 

 

これから、人間の寿命はさらに伸びるかもしれません。

徳川家康が没した当時、平均寿命が80歳を超えるなど、きっと想像もされていなかったでしょう。

 

お子さんのできない何かが気になって仕方がない時は、時間の流れを長く、長く見ることをオススメします。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に