ほんのり、じんわり心が温まる「心のファスティング子育て」とは…

 

最近、ファスティング(断食)ダイエットが話題になっています。

 

私の身近でも、挑戦してみた、という人もいるのですが、うまくいった、いかないかった、など感想もいろいろ、人生観が変わった、なんていうこともネット上では見かけました。

 

 

さて、子育てに、このファスティングを当てはめてみてはどうでしょうか?

 

ファスティングでは、水分やある種のドリンクは飲みますから、完全な絶食ではありません。

 

心のファスティング子育ても、同じ考えだと思います。

会話をしない!という「完全絶食」ではなく、困ったことがあれば一緒に考えますし、うれしいことがあれば一緒に喜びます。

 

が、常に、

「これは、最低限の水とドリンクか」

ということは、意識します。

 

お子さんの調子がいい時は、多少、要求しても、できてしまいますが、ちょっと調子が下降に向かうと、それまでできていたことができません。

 

すると、お母さんからは、

「この子、サボってる!」

というように見えるかもしれません。

 

そんな時こそ、心のファスティング子育てです。

 

大人だって、調子の良しあしがあるのですから、子どもなら、なおさらですよね。

サボらせまい、調子に乗らせまいと、あれもさせよう、これもさせようと焦る必要はありません。

 

 

もちろん、普通の親子の会話は大切です。

それは、命の維持に必要な「水」と同じです。

 

そして、お子さんの気持ちを受け止める会話も重要です。

それは、「酵素(栄養)ドリンク」と同じです。

 

ファスティングをすると、感覚が鋭くなる、とネット上で見たことがあります。

なんとなく、そうかなあ、という気もします。

 

私は、実際のファスティングをしたことはありません。

が、心のファスティングで、子どもたちと関わったことはあります。

 

私の言葉をグッと、グッと減らして、子どもたちの動きを見たり、声を聞いたりしていると、今まで、気づかなかったことに気づいたり、こちらが言わなくても、できたんだな、ということに気づいたりしました。

 

つい先日も、印刷をしていた時、子どもたちのいる部屋から、ボールをつく音が聞こえました。

 

1回なら、落としただけと言えるでしょう。

しかし、2回目、3回目とありました。

室内で、ボールをついて、遊びだしたんですね…

 

4回目!

さあ、言いに行こうか~

と、思ったところで、

「ボール、つくな!」

と、Aくんの声が聞こえました。

 

これも、ちょっとした心のファスティング子育てです。

ほんのり温かい気持ちになれるチャンスを子ども達は用意してくれています。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に