2学期にお子さんが活躍するための、意外なヒントとは…

休むことって、意外に大切。

 

 

そろそろ、お子さんの多くが夏休みに入ったのではないでしょうか。

私の勤める学校でも、今日が終業式でした。

 

待ちに待った夏休み。

お出かけを楽しみにしている子、おじいちゃんやおばあちゃんに会えるのを楽しみにしている子…

うれしそうに話す子どもたちの様子を見ていると、こちらまで、うれしくなってきます。

 

さて、大人の方に目を向けてみましょう。

学期末は何かと大変なことも多いですから、はぁ~やっと夏休みに入った、と肩の荷が下りたような気持ちになっているお母さんもいらっしゃると思います。

 

一方で、さぁ、これからの長い夏休みをどうしよう…と、少々、気が重くなっているお母さんも多いのではないかと思います。

 

以前、とあるお母さんとお話をしていて、

「先生、この学校は良心的ですよね!」

と言われたことがあります。

 

「何がですか?」

と、私が聞くと、

 

「私の知り合いが、○○小学校(超有名私立小学校)にお子さんを通わせているんですけど、休みが長いんですって。その方、『こんな高い授業料を取っておいて、ボッタクリよね』って言っているんです」

と、話してくださいました。

 

「ボッタクリ」という表現が、いいのか悪いのか…

私立の学校に通わせることの本当の意味は、授業が長いとか短いではないと思いますが、お母さんの立場に立って、休みに早く入られると大変だ、というのは理解できます。

もうちょっと、授業してくれればいいのに、というホンネもわかる気がします。

 

とはいえ、お子さんにとって、休むことは絶対に必要なことです。

2日や3日ではなく、ドーンと長い時間、学校と切り離されて過ごすことは、とても大切です。

 

寝る子は育つ、と言いますが、睡眠の大切さは、皆さんも共感してくださる方が多いと思います。

 

寝ている間に、その日にあった出来事、感じたこと、うれしかったこと、嫌だったことなどを頭の中が整理しているんだ、という説明を聞いたことがあります。

 

なるほど。

そうかもしれません。

 

私は、長期休みも睡眠とそういう意味で、同じなのではないかと思います。

長かった1学期、いろいろなことがあったはずです。

 

「な~んにもないよ~毎日、楽しくて仕方ない~」

 

と言っているお子さんも、実は無理をしていたかもしれません。

自分が無理をしていた、と自覚していれば、まだいいのですが、自覚もなく、人に遠慮して、我を出せないのが当たり前になっていることも珍しくはないのです。

 

大人からみると、ただのイライラ要素でしかない、ぐーたらなお子さん。

規則正しい生活がいいに決まっていますが、ぐーたらになるには、なるなりの理由があります。

 

見て見ぬふりをするところと、ここは求めるぞ、と覚悟を決めるところと、差をつけないと、夏休みまで緊張を強いられることになってしまいます。

 

この夏休み、お子さんはどんな心の整理をすると思いますか?

心の整理は、ぐーたらではありません。

 

ぐーたらを怒鳴りそうになった、まさにその瞬間、この記事を思い出して下さったら、光栄です。

その踏みとどまったことが、2学期の活躍につながるかもしれませんよ。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に