お母さんの言葉、1文字の違いで、お子さんは動けます。

神は細部に宿ると言いますが、お子さんを勇気づけるのは、たった1文字です。

 

 

私の勤める学校には、3年生まで、「個別」という授業があります。

この授業について説明するのは、少々難しいのですが、具体的にやっていることだけを言うと、音読と写し書きです。

 

その中で、写し書きは、教科書や岩波子どもの本などの良書を子ども達の自由意志で、個別進度で進めるわけですが、まあ、自由と言っても、ある程度の最低基準はあります。

 

そういうわけで、子ども達は、最低基準だけをやって、次のことに進もうとする子もいれば、もっともっと、と進めていく子がいて、そこに差が出ることは、当然だと私たちは考えています。

 

たくさん書かせれば、それだけ伸びる、というものでもないのが、難しいところなのですが、私たちは、子ども達が書いた分量に、一喜一憂してはいけません。まして、

 

「あ〜3ページしかやっていないんだね」

 

というような言葉かけをすると、その子にプレッシャーをかけるだけです。妙な追い込みは、いずれ、どこかで別の出方をします。

 

一方、

 

「ほ〜さすが、5ページもやったんだね」

 

という言い方はどうでしょう?

ダメ出しではない、ということは言えますが、周りの子にとっては、プレッシャーや自分を責められている気になるかもしれません。

 

ということで、少なくとも、この個別の授業の場合、書いた分量を評価対象にしないよう、言葉には神経を使います。

 

私なら、

「はい、できたね」

とだけ言って、丸をつけます。

(ちなみに、丸にも褒賞的効果を与えないため、花マルやメッセージも入れず、単なる確認の丸にします)

 

私たちは、教師の評価を得るために、書いたり読んだりさせないよう、気を遣っているのです。

 

子ども達は、本当に大人の顔色に敏感です。

大人に、特にお母さんに喜んでもらいたいのです。

ですから、言葉の端々も聞いていて、表情もよく見ていて、どうすればいいか観察していますし、あるいは、「どうせ私にはムリ」とスネます。

 

例えば、

 

「はい、今日もできたね」

「はい、今日はできたね」

 

この1文字の違いが、どんな影響を与えるでしょうか。

 

時と場合、お子さんのタイプ、お母さんの性格によっても違います。

何が正解か、ということではなく、「今」は何がベターか、ということを意識したいものです。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に