お母さん!肉声には力があるんです。読み聞かせ、してみませんか?

オススメの絵本。

「どろぼうがっこう」

 

 

今日は、珍しく絵本の紹介です。

私は低学年から高学年まで、担任をしてきましたが、読み聞かせをすることが、結構ありました。

 

その中で、私が一番、気に入っているのが、

「どろぼうがっこう」

です。

 

かこさとし氏のとても有名な絵本ですから、お宅にある、という方も多いでしょう。

 

子ども達も、すでに幼稚園で読んでいたり、家で読んでもらったりしていて、全く初めて、ということは少ないのですが、それでも、子ども達は喜んで聞きます。

 

大人の感覚では、

「もう、知っている本なんだから、繰り返したら申し訳ない」

ということもあると思います。

 

が、お気に入りの本は、繰り返し読んであげることが大切です。

低学年の子はもちろん、中学年でも、

「あ〜知っているよ〜」

と言いながらも、結局、本の世界に引き込まれてしまうのです。

 

私の勤める学校では、毎年夏に、臨海学校に行っています。

6年生のサポートをしていた時のことですが、消灯したところで、

「昔話してあげようか?」

と言ったところ、とても喜んで、その晩以来、毎日、せがまれたのをよく覚えています。

 

桃太郎でも、さるかに合戦でも、かぐや姫でも、ベタな有名どころでいいのです。

大人が直接、肉声で物語ることには、思っている以上に、力があります。

ぜひ、何か短いものでいいので、読み聞かせをされるといいと思います。

 

さて、こんな事件があったそうです。

 

 

「酔って刑務所に『帰宅』 神戸市職員、加古川で逮捕」(毎日新聞)

 

今朝、ネットでこの記事を見かけ、今日は「どろぼうがっこう」の記事を書きたいな、と思いました。

 

私、お気に入りの「どろぼうがっこう」ですが、どうか、「リアルどろぼうがっこう」にだけは、ならないで欲しいものです。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に