どうせ断捨離するなら、言葉を断捨離すると、子育てはうまくいく。

今日、道で、ばったり卒業生と会いました。

そんなに何年も会っていなかったわけでもないのに、懐かしく、少しの間、話し込み…ませんでした。

 

気恥ずかしさのようなものもあったのか、交わした言葉はわずかでした。

 

が、別れた後、とても温かい、穏やかなぬくもりを心に抱いている自分に気がついたのでした。

 

その子は、口下手なところがあり、担任していた時など、なかなか本音が見えず、不安になったこともありました。

 

が、一緒に過ごす時間が増えるうちに、自然と関わりも深まり、あえて言葉を介さなくても、何となく感じられるような気がしていたことを思い出しました。

 

私は、言葉の断捨離子育てを提案しています。

言葉で授業をすることが求められる、現役教師の私だからこそ、言葉に頼りすぎない子どもとの関係を大切にしたい、と思っています。

 

心の中に湧き上がった感情を伝えたい!

この思いをわかってほしい!

 

けれど、心の中で、玉虫のように色々な色に光る感情を、100パーセント思いのままに、言葉で表現することはできません。

 

たとえ、自分が満足出来る表現ができたとしても、相手が自分の訴えたいように受け取る保証はどこにもありません。というよりも、相手は相手の解釈で受け取るのですから、自分が望む100パーセントの理解をしてくれることもありません。

 

だからこそ、行間ににじむこと、とでも言いますか、あえて言葉にしない空気を大切にしたいな、と私は思います。

 

 

そんな私ですが、言葉が増える時があるんです。

それは、私が不安になっている時です。

授業でも、誰かとの会話でも同じなんです。

口数が多い時は、不安を埋めようと、頭をフル回転させ、思いついた言葉をどんどん出している時です。

 

この気づきは、何年か前、突然、授業中に閃きました。

 

「あ…自分が不安になってる…グッとこらえて、口を閉じよう」

 

これは、私にとっては、転機となる気づきだったと言えます。

口から生まれてきたというほど、たくさんしゃべれる、早口な私。

流暢に話せる私。

それを全部、捨てて、子どもと関係を作ることを選んだ瞬間でした。

 

もちろん、これは私の例です。

全く逆のことが、人生を変えるヒントになる人もいます。

あなたはどうですか?

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に