友達とのトラブルを早く終わらせるためのヒント

急いで許さなくていい。

でも、煮えたぎった気持ちは、早く終わらせた方がいい。

つまり、

 

 

「水に流す」

 

 

ケンカをして、悔し泣きしている我が子…

悔しいのもわかるけど、聞いてみると、相手にも言い分があったみたい。

「もう、許してあげなよ」

そう言いたくなるなんてこと、ご経験はありませんか?

 

人を許せる広い心を育てることは重要だとは思うけど、一方で、すぐに許すクセがつくのも、ちょっと心にオリが残るような気がします。

 

それに、許すというのは、少し相手のためにしてあげる、というニュアンスも含む場合があります。

 

例えば、

 

「ほら、もう許してあげなよ」

 

という言葉。

許して「あげる」のです。

これは、相手のための心の働きですね。

トラブルになるたびに、譲ることを求められているのは、あまりいいことではないように私は思います。

 

でも、もちろん、ずっと腹の中を煮えたぎらせていていいわけがありません。

この怒りは、何らかの方法で、収めてあげる必要があります。

 

そんな時、

「水に流す」

という意識が、役立ちます。

 

トラブルの直後に、

「はい、もう水に流しなさい」

では、納得もできないでしょう。

が、十分に、いや、十二分に、煮えたぎった腹の中を聞き、時には、大人の方が、お子さんが引いてしまうほど腹を立ててやった上で、水に流そうか、と提案するのも、一つの方法です。

 

そして、許さなくていいんだよ、と認めてあげることがいいのです。

 

トラブルが起きる。

先生が呼ばれる。

言い分を聞く。

お互いに謝る。

お互いに許させる。

 

それがパターン化しすぎると、表面上は解決しても、腹の中では納得できていません。

本当の意味で、許せていません。

 

だから、急に許す必要なんてないのです。

でも、自分の中の、煮えたぎった気持ちは流してしまう。

 

すると、自分を振り返ったり、相手の立場を考える心のスペースができるのです。

 

許すことを求めない。

気持ちをたくさん聞いて、

水に流すことをアドバイスする。

 

まあ、そう簡単ではありませんが、試してみる価値はあります。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に