お母さん!困り事から早く解放されたかったら、この質問をしてみてください。

「あ〜スッキリした!」

お子さんに何か困り事があって、早くスッキリしたい時は、まず、この問いかけを考えてみてください。

「困っているのは、誰?」



・お子さん自身が何かの課題を抱えて困っている?
あるいは、
・お母さんから見て、お子さんの何かが問題だと感じている?

この間には、相当に大きな差があります。
吉祥寺駅で、発車ベルが鳴り響いている井の頭線に飛び乗ったら、向かいのホームからゆっくり、電車が行ってしまったぐらいに違います。
(わかる方にはわかると思うのですが、なぜか、井の頭線では、間違えてしまうんです…なぜだろう…)

わかりにくいたとえは、さておき、困り事の主体は誰なのかを確認することは、大事な一歩です。

お子さんもお母さんも、困っているならいいのです。
連帯感さえ生まれるかもしれません。
ところが、

・お子さんが困っていても、お母さんには、大したことではなく感じる。
・お母さんが困っていても、お子さんは、感じてもいない。

こういう時は、困り事を共有しないと、話が進みません。
まぁ、多いのは、後者だと思うのですが、友人関係のことや、体育、美術、音楽のような実技にまつわる悩みは前者のことも、よくあります。

そして、後者は、勉強など、よくある話ですが、前者の場合、お子さんはけっこう傷つきます。

何か体調がすぐれない…
妙にケガをする…
寝起きが悪い…
何かいつもと違う気がする…

それは、困り事が出そうになっているヒント、あるいは誰かと困り事についての感じ方のズレが大きくなり始めたヒントでもあります。

そんな時は、

「何か、困ってない?」

と聞いてみましょう。
そして、お子さんの答えは、どんなに納得がいかなくても、

「なるほど」
「そっか〜」

と受け止めましょう。

「え?違うでしょ、そうじゃなくて、こういうことでしょ」

とかぶせていませんか?
それをすると、お子さんは、お母さんを諦めます。

でも、諦めきれずに、さらに、何かしらの困り事が起こります。

昨日の記事(「あんな風になりたい」を叶える秘訣)でも書きましたが、隣の芝生は青いし、ウチの芝生も青いのです。

どうせ、どこの家も同じようなものです。
見たくない、聞きたくない困り事は、早いうちに向き合うことが良さそうです。

きっと、後がラクになります。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に