私って、軽く扱われるんだ、と思っている人へのメッセージ。ホントは…?

丁寧に扱われたい気持ちって、大人も、子どもも同じ。
雑な扱いを受けると、腹が立つ。

でも、大事なことは、雑な扱いではなく、ホントは訴えたい困りごとが他にあるんじゃない?



レストランやカフェ、お店など、至る所で、サービスを受ける毎日。

あ〜
こんなに感じのいい人がいるんだ〜
この人からなら、もっと買いたい!

と、思わずにいられない時がある一方で、おわかりとは思いますが、

こんなのってないんじゃない?
もぅ〜二度と来ない!

と、感じてしまうこともあるものです。

その気持ちの奥にあるものって…
と考えてみると、

「大切にされた」
「いい加減にされた」(バカにされた)

ということなんですね。

大切にされたい、丁寧に扱われたい気持ちって、大人も子どもも同じです。

ということで、私は、普通、子どもを呼び捨てにしません。先輩から教わったことも含めて、私なりに、「ある程度」、そうしています。

ところが、私のそういう取り組み、こだわりを、

「呼び捨てしてくれないなんて、冷たく扱われた」

と、とらえる人もいます。
私は、大切にしようとしています。
でも、相手は、冷たくされたと受け取っています。

だから、「ある程度」ということが大切です。
そう思っておかないと、私のこだわりを相手に押し付けることになります。

理想論としては、相手が大切にされた、と感じる言葉や態度で接することがいいのでしょう。

が、そんなことって、できるでしょうか…

先日、所用で出かけた際に、時間調整のために、例によってスタバに入りました。

そして、アイスコーヒー、氷少なめをお願いしたのですが、

「え?これだけ?」

と思うような分量しか入っておらず、ちょっとイラッとしました。軽く扱われた気がしたのですね。

でも、こういうチェーンカフェでは、規定の分量は決まっているものです。氷少なめなのですから、カサが少なく見えるのは当然なんです。

それはわかっているけれど、いつも行っている吉祥寺界隈のスタバでは、もうちょっと入っているので、軽く扱われた気が強くなったとも思います。

そして、さらに気づいたことは、私にとって、不慣れな場所である、その場で、私は不安感を持っていたということです。

いつものスタバなら、気にならないことが、新しい場所では気になった…

丁寧に扱われない自分と、他の不安感がリンクしてしまったことで、いつもは感じない、イラッとしたものが心に残ったんだなぁと思いました。

お子さんが、何かで不安や不満を感じている時…

そんな時は、お子さんが口にする困りごとに加えて、他に何かないかを意識してみてください。

多くの場合、そちらの方が本丸なんです。
本当に困っていること、伝えたいことは、言いづらいので、ダミーとして、わかりやすい困りごとを訴えている、という見方をすることで、事態を動かすことがあります。

ということで、まずは、大人が自分の感情に敏感で、正直でありたいな、と思います。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に