レジで学んだ、心を穏やかに保つ極意

「好きな店員さんの列に並ぶ」


買い物を終えて、どのレジに並ぶか…
少しでも、早く用を済ませて、次のことをする重要なポイントです。
が、店員さんの胸に、研修中やら若葉マークやらの札がないことを、いくら確認しても、
並んでいる人のカゴの中身が、いかに少ないかを見ても、
お金を出すのに手間取りそうなお年寄りのいない列を選んでも、
結局、となりや近くのレジの進みを見て、イライラ、ヒヤヒヤし、よしっ!やった!
と、となりの列より早く会計を済ませてみても、
あ!
アイスクリーム用のドライアイスをもらい忘れた〜
と、レジの周りで挙動不審になってしまい、余計な時間を食ったりします。
これって、少しでも、人に勝ちたい、要は損をしたくない、ということなんですね。
どんな対策を練ったところで、勝つ時は勝つし、負ける時は負けるのです。
だから、私は好きな店員さんの列に並ぶことにしました。
それなら、遅かろうが、早かろうが、となりの人に笑われようが、ドライアイスのコインをもらい忘れようが、腹は立ちません。
だって、好きな店員さんの列に並ぶこと、そのものが嬉しいポイントだからです。
「勝ち負けじゃないよ〜」
何度、子どもたちに言ったかわかりません。
でも、レジでのイライラでわかったように、大人の方が、子ども以上に、勝ち負けにとらわれていることも多いかもしれません。
イライラしたなら、好きな方を選ぶ、探す。
これが、大きなヒントになりそうです。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に