せっかく優しくしたのに、アイツが怒るんだ…そんな時のヒント

言われて嬉しい言葉…

いろいろ、あるとは思うけれど、受け手によっては、責めになる。

 

 

子ども達と話していて、友達やお父さん、お母さん、先生などに言われて嬉しかった言葉は?という話題になったことがあります。

 

その時、結構、多かったのが、

 

「大丈夫?」

 

という言葉をかけてもらって、嬉しかった、という声です。

 

漢字にしてみると、わずか3文字の、当たり前の言葉。

でも、確かに、いい言葉です。

何か失敗したり、心配したりしている時、気にかけてもらえている、とわかるだけでも、嬉しいものです。

 

が、一方で、

 

「大丈夫?」

 

と聞いただけで、

 

「バカにされた!」

「放っておいてくれない!」

 

とケンカになってしまった、ということも、時々あります。

多くの場合、「大丈夫?」の言葉は、温かくて、関係を良くするいい潤滑油なのです。

が、時には、全くバカにしようなどと思ってもいないのに、バカにされた、などと、「責め」「恥の上塗り」というような捉え方をされて、トラブルになることもあるわけです。

 

以前、とある先生が、

 

「頑張れ!ということがプレッシャーになるなんて、思ってもいなかった」

 

とおっしゃっていたのをよく覚えています。

いつの時代も、若者の考えていることは、わからない、と大人は言うとは思いますが、言葉を発する人の気持ちと、受ける方の気持ちにズレがあると、トラブルになります。

 

特に、自分のことを責める癖のある人には、いわゆる温かい言葉は、逆に責めているように聞こえるようです。

 

なぜなら、終始、自分で自分を責めているからです。

自分で自分を責めるのが当たり前になっているので、他人の言葉も自分を責めているという前提なんですね。

 

ということで、一般的な温かい言葉でも、相手によっては、責めとみなすなんてことがあるんだな、と知っておく必要があります。

 

そういう予備知識を持っていれば、相手の拒絶反応や過剰反応の意味を理解できます。

 

お子さんが、このようなトラブルを抱えて帰宅した日は、相手の心持ちを一緒に想像してみることが大切です。

 

そんな時のヒントになれば、嬉しいです。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に