恥ずかしいからって、全部個室化…「大」問題ですね。

「学校で恥ずかしいから、全部個室化」…「大」問題ですね。

 

 

神奈川県の大和市では、市立小中学校の一部で、男子トイレの完全個室化をするという記事が神奈川新聞ニュースにありました。(こちら

 

学校で、「大」をしにくい、という子どもの事情に配慮しての決定とのこと。

私は、びっくりしてしまいました。

 

確かに、学校での「大」問題は、大きい問題ではあるのですが、このような物理的な方法だけで解決するものではないでしょう。

 

トイレに、ある程度、長時間入っていれば、それだけでからかう人はいそうです。

 

実際、この記事によると、茅ヶ崎市でも取り組んだ事例があり、結局うまくいかなかったとの話も紹介されていました。

 

それはそうだろうな、と思います。

 

では、どうするか。

 

一つに、堂々と、「大」をする、ということがあります。

堂々としている人には、結構、からかいをしづらいものです。

 

とはいえ、それができないから、悩みになっているわけで、そんなことで悩みもしない、という人には、その切実さは、わかってもらえないでしょう。

 

さて、私の勤める学校には、1週間近くの臨海学校があります。

すると、「大」無しの生活など、ありえません。

 

しかも、低学年の時には、担任は、繰り返し、繰り返し、「大」の大切さを部屋で話します。

 

私も、毎日、毎日、寝る前に子ども達に、話したことがあります。

 

それでも、気にする子は、いるでしょう。

だとしても、担任が、全員の前で、宣言することには、意味があるものです。

 

「大」は、堂々と、「しなくてはいけない」んだ。

 

という枠組みを宣言します。

 

大和市でも、茅ヶ崎市でも、どこでも、ほとんどの学校で、そういう話はしていると思います。

 

が、それだけでは、なかなか伝わらない。

 

もう、「大」無しではいられない状況を設定してしまうのも、大きな解決方法です。

 

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に