子どもの素直さを引き出すヒントとは…

「ホント、素直じゃないね〜」

 

何度、言ったでしょうか。

あるいは、何度、心の中で叫んだでしょうか。

まあ、私の場合、心の中で叫ぶ方が、圧倒的に多いとは思います…

 

さて、先日、ある高学年の女の子と話した時のことです。

低学年の子が、うまく遊びに入れず、スネてしまったのを見て、声をかけようかどうしようか、迷っているんだ、というような話でした。

 

私は、

 

「あなたなら、どうしてほしい?」

 

と聞いてみました。すると、彼女は、

 

「私なら、一緒にやろうって、声をかけてほしいな」

 

と言いました。そこで、

 

「なら、声をかけてみれば?」

 

と言うと、早速、声をかけに行っていました。

 

そんな低学年想いの彼女ですが、実は、つい先日、何となく、手持ち無沙汰にしている彼女を見かけ、遊ぼうと言ったことがありました。その時、彼女は、

 

「いや、やらない!」

 

と私に言ったのでした。

 

まあ、私とは遊びたくなかったなら、本音が言えるということで、いいのでしょうが、彼女の本音はどこにあるのでしょうか。

 

私は、その言葉を無視して、持っていたボールを転がし、結局、キャッチボールを一緒にやりました。

 

「私なら、一緒にやろうって、声をかけてほしいな」

「いや、やらない!」

 

この矛盾する言葉を、同じようなシチュエーションで、ほとんど同時期に、言ってしまうのです。

 

自分が声をかけてあげることなら素直にできるのに、かけてもらうのは嫌なのですね。

本当は、声をかけてほしいというのに…

 

素直になるって、言うは易く行うは難し、ですね。

素直になれないことを、素直に認めることも必要かな、と私は思います。 

 

「え?そうですか?私は、素直ですよ」

 

と、思われた方もいらっしゃるでしょう。

が、本当にそうでしょうか?

 

誰でも、どうしても素直になれないポイントの1つや2つ、あるのではないでしょうか?

 

そして、そういうポイントは、自分の自信のないポイントや、恥を感じているポイントだったりして、自分の地雷に気づけるヒントであるとも思います。

 

まあ、素直になれなくてもいいか、と丸ごと、気持ちを認めてしまうことの積み重ねが、素直になる勇気を生み出すのではないかと、私は思っています。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に