呼び捨てでも、ちゃん付けでもいい。確固とした信念があるなら…

子供が親を「呼び捨て」「ちゃん付け」 そんな親子は「気持ち悪い」か

と題した記事があります。(こちら

 

これは、少し前に、よく話題になった記憶のある、友達親子はいいか、悪いか、という話の延長上にあるテーマだと思います。

 

友達親子、呼び捨てあり、ちゃん付けあり、という考え方は、私の勤める学校では、あまり評価されない雰囲気がありますが、だからと言って、ダメ!とも言い切れないと思います。

     

・困ったことでも、相談しやすいように

・人間としての価値は、同じだから

・真の信頼関係を築きたいから

 

などなど、いろいろな理屈が出てくるでしょう。

それを聞いて、

 

「え?なんかヘン…」

 

そう思われる方も多いと思います。

だからこそ、「気持ち悪い」というタイトルの記事があるのです。

しかも、かなり、アクセス数は多いようです。

 

さて、そこで、私の考えですが、

私は、それが、ホンネなら、それでいいんじゃない?と思っています。

 

心の底から、

・困ったことでも相談してほしい

・人間としての価値は同じだから、呼び方もそうでありたい

・真の信頼関係は、対等な呼び方から

と、思っているなら、それでいいと思うのです。

 

ポイントは、「心の底から」です。

つまり、大げさではなく、それが信念によるものなのかどうか、ということです。


逆に言うと、「心の底」に別のものがある場合、話は180度、変わります。

 

具体的には、

 

「私は、自信がないので、対等っぽい関係だと、気が楽」

 

とか、

 

「子どもに嫌われたくない」

 

とか、理解のある風、脱封建価値観を持っている風を演じて、実は、不安やカッコつけがベースにあるなら、呼び捨てやらちゃん付けなんて、もってのほかだと思います。


なぜなら、それは、子どものご機嫌とりになってしまうからです。

 

ただし、同じ論理で、考えを深めてみると、

 

「私は、自信がないので、封建的親子関係を設定しておかないと、不安」

 

という考えが根底にあるなら、どんなに「昭和のお父さん、お母さん」をやってみても、やはり、それはホンネに基づいていない、表面的な言葉や態度ということです。


結局、子どもは納得しづらい、うまくいかない、ということになるでしょう。

 

私個人としては、呼び捨てやちゃん付けに、反対です。

が、それを大切にしたい、と真剣に考える方を応援することならできます。

 

重要なのは、呼び方以上に、子どもにおもねっていないか、自分に自信を持って語りかけているか、ということだと私は思いました。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に