気持ちを全て受け止めると、新しい発見があるのでオススメ!大変だけどね…

気持ちを全て、受け止めるのは、いろいろ大変だけど、新しい発見がある!

 

 

お母さんとしては、いくら我が子がかわいいと言っても、

 

「え?なんでそんな気持ちになるの…理解できない…」

 

と、どうしても共感できないこともあるも思います。

 

それも当然で、もちろん、それでいいと思います。

が、そうだとしても、お子さんがそう思ったのも、また事実なのです。

ですから、お子さんの心の事実は、心の事実として、全て受け止めてくださったら、いいなと思います。

 

お子さんの語る、荒唐無稽(?)なストーリー、あまりに自己中心的な考えでも、価値があるのです。

 

話をいくら聞いても、聞いただけで、解決できるとは限りませんが、その子の中で、何がシコリになっているのかを理解する、素晴らしいチャンスなのです。

 

まあ、そんなことを訴えている私でも、現実的には、授業を進めたい時や、どこかに出かけなくてはならない時などなど、今はムリ、という時もあります。

 

そんな時は、後回しで構わないのです。

落ち着いてからで構いません。

今、すぐでなければならない!という縛りを捨てると、少しハードルも下がるのではないかと思います。

 

さて、聞き方のコツは、横か斜めに座ることです。立ったままでは、不安定なんです。お母さんが座ってくれるということは、そこで場が安定するということです。

 

そして、聞くことは、簡単。

 

「それで?」

 

と聞くだけです。

 

さらに、言葉できなさそうなら、どんどん代弁してあげましょう。

 

気持ちが昂っている時に、自分の言葉で言わせる練習なんて、逆効果です。

 

・こういうこと?

・ああいうこと?

・こういう意味?

 

と、助け船を出すことは、とても大事です。

 

さて、男の子同士のトラブルがありました。AくんとBくんとしましょう。

 

Aくんは、Bくんが大好きなんですね。

何かと言うと、遊びに誘ったり、カワイイちょっかいを出したり…

 

一方、Bくんは素直じゃないところがありました。

 

遊ぼう!

うん、行こう!

 

とは、ならないことも目につきました。

 

遊ぼう!

うーん…

でもね〜

 

と、いったん面倒くさそうにします。

トイレだなんだ、理由をつけて、ごにょごにょするのです。

 

そんなBくんですから、遊びの輪に入らないことも多かったのですが、Aくんは、懲りずに、声をかけていました。

 

Bくんも、本当は嬉しかったんだと思います。

声をかけられた後の口元は、少し笑ったような感じが見えました。

 

でも、素直にできない子は、本当にできないんですよね。

私も、そういうところがあるので、わかるような気がします。

 

そんな彼らでしたが、とうとう、Aくんが怒ってしまいました。

話を聞くと、サッカーに誘ったのに、断られたというのです。

 

それだけなら、いつものことなのですが、その日は、朝、駅で会って、おはようと声をかけたのに、無視された、という伏線があったこともわかりました。

 

 

Aくんの怒り、思いをずいぶん、長く聞きました。

そして、Bくんからも、話を聞きました。

 

その中で、興味深ったのは、Aくんには、自分が一人になってしまう不安があったことが、感じられたことでした。

 

Aくんは、Bくんを救うつもりで、実は自分の不安をBくんの中に見ていたのではないか、と私は感じました。

 

だからこそ、Bくんも、素直になりきれなかったのかな、とも感じました。

 

もしかしたら、AくんとBくんは、似た者同士。表と裏のようなものなのかもしれません。


ケンカになれば、もちろん、間に入るとしても、温かく見ていれば、きっと、次のステージに進むのだろうな、と思いました。


話を聞くのは、なかなか大変ですが、それだけの発見や、成果はあるように、私は思います。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に