子どもをケアすべき時とは?

「まったく、素直じゃないなぁ〜」

 

 

 

私は、そう言わずにはいられませんでした。

 

 

 

ケンカが起きたと言われて、駆けつけた校庭の片隅で、険悪なムードで女の子が2人…

 

 

 

要は、遊ぶ約束をしていたのに、あの子、黙って行っちゃった!ということなのでした。

 

 

 

皆さんも、経験がありませんか?

 

ご自身のことでも、お子さんのことでも、こういうことは、よくあることです。

 

 

 

このケース、

 

「約束したのに、ヒドいよ!」

 

とは言えたようです。

 

 

 

それで、ゴメンね、となり、じゃあ、遊ぼうということになったのですが、結局、気持ちが収まらず、

 

 

 

・謝り方に心がこもってない

 

・本当に悪いとは思ってない

 

・これで何回めだ

 

・いつもこうなる

 

 

 

などなど、消えてはずの火がさらに燃え上がってしまったということなのでした。

 

 

 

私自身、人付き合いが上手な方ではないので、みんなにいい顔をしてしまうところが、大いにあります。

 

 

 

また、せっかくしていた約束を反故にされ、素直に謝罪を受け入れて、気持ちを切り替えるのも、なかなかできないかもしれません。

 

 

 

そういう弱さが私にもあるなあ、と思います。

 

その上で、私には、ちょっと、しつこ過ぎないか?と感じました。

 

 

 

こういう時に、私が、怒っている彼女の肩を持ち過ぎれば、子どもの世界では、私に見えないように、もっと彼女を遠ざけることになる可能性が高いです。

 

 

 

怒っている彼女のケアは、絶対に必要です。

 

 

 

でも、それは、その時、その場ではありません。

 

 

 

その時は、むしろ、

 

 

 

「ちょっと怒りすぎではない?」

 

 

 

と、言ってあげることが必要だと私は感じたのです。

 

 

 

怒っている彼女は、

 

 

 

・私は軽く扱われているから、真剣に謝ってもらえない

 

・私はダメな子だから、傷つけても構わないと思われている

 

・私はずっとうまくやれなかったから、今までも、これからも、またされるに決まっている

 

 

 

そういう気持ちが心の中で、渦を巻いている…

 

 

 

だからこそ、私は、このケンカの場ではなく、日常の教室や、会話の中で、彼女の価値を、徹底的に認めていく必要があると思いました。

 

 

 

実際、彼女には、びっくりするほどの集中力があります。

 

 

 

お〜と言ってしまうような絵を描きます。

 

 

 

話し合いで、素直に自分の非を認める心の強さもあります。

 

 

 

ケンカのケア、怒った後のケアは、その場でするものだけとは限りません。

 

 

 

むしろ、何もない日常にこそ、必要なのではないでしょうか。

 

〜〜

<執筆・コメント・取材・講演>

 

こちらのページをご覧ください。

実績、対応スケジュール、お申し込み方法などをご案内しています。

 

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に