わらってあげることの大切さ、わらってもらえることのありがたみ

わらってあげることの大切さ
わらってもらえることのありがたみ

低学年を担任していた時の話です。
描き途中の絵が落ちているのを見つけ、

「誰の?」

と聞くと、近くにいた子どもたちは、

オレじゃない〜
ワタシじゃない〜

と言いました。
と思うと、誰かが絵を見て、笑いだし、つられて何人かが笑いました。

描き途中の絵を笑われて、自分だ、と言い出しづらくなるかな、とも思ったのですが、その時は、離れたところにいた、ある男の子が、

「あ、ぼくのだ!」

と言って、また、みんなで笑っていました。

落とした子は、笑ってもらって、嬉かったのですね。
おふざけの絵を描いていたようです。

が、もし、これが、マジメに描いている絵だったら、どうだったでしょうか…

絵を笑われたら、それは嫌だと思います。
でも、笑ってくれた方が、ありがたい、という子もいます。

何か落とし物をするぐらい、どうということはありません。
絵だって、下手くそなぐらいが、愛嬌があって、いいかもしれません。

クラスで起こる笑いを一緒に笑える子と、バカにされた!と怒る子がいます。
もちろん、日頃は笑いにできる子も、内容によっては、腹を立てたり、悲しんだりすることもあると思います。

笑いにできるか否かは、本人の自信の有無次第、ということのようです。

まぁ、落とし物ぐらいしたって、大したことはない。
まぁ、クラスでオナラぐらいしたって、笑える。
まぁ、算数のテストが悪くても、オレは大丈夫。
まぁ、修学旅行で風呂場にパンツを落としてきたって、思い出のネタになって嬉しいぐらいだ。
などなど…

笑いにできる幅が広がれば、広がるほど、自信の幅が広がります。

笑われて嫌だった時は、そう伝えることは大切。

その上で、
まぁ、いいか。
それぐらい、大したことない。

というように、心が広がるといいな、と思います。
結局、笑顔の多い人には、人も集まるのではないでしょうか。
 
〜〜

<執筆・コメント・取材・講演>

 

こちらのページをご覧ください。

実績、対応スケジュール、お申し込み方法などをご案内しています。 

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に