正しいことを子どもに身につけたければ、20%できなくてもいいと捨てる。

正しいことは大切なんだけど、分かっちゃいるんだけど、そうしなくちゃいけないと思ってるんだけど、でも…

 

 

間違っていることは、いけない。

正しいことは、いい。

 

でも、正論って、やっぱり素直に聞けないところがあります。

正しいことを教えることを求められている「学校の先生」である私は、先生だからこそ、そう思います。

 

この気持ちは、どうも高校生の頃からあるようで、何かの時に、友人に正論を言われ、

 

「スリランカは嫌いなんだ」

 

と、インテリぶって、つぶやいてみたのを覚えています。

(後日、本を読んでいて、正論ばかりぶつける人に、紅茶野郎!と書いてあるのを見て、とても嬉しかったのも覚えています…)

 

さて、小学生にとって、最もよくあるのではないか、という正論対決は、

 

「宿題、早くやりなさい!」

 

「もう、わかってるよ。今、やろうと思ってた!」

 

という会話かもしれません。

 

宿題でも、歯磨きでも、片付けでも、やらなきゃいけない、やった方がいい、やればお母さんは喜ぶ、など、「正しさ」は、子どももよくわかっているのです。

 

でも、でも、でも…

 

「わかっちゃいるけど、やめられない〜」

 

大人は、子どもに正論を求めていいと、私は思います。

誰かが、正論を語っていないと、何が正論かわからなくなってしまいます。

 

正論を子どもに求めつつ、無理な時もあるよね、と柔軟に思っておく必要があるように思います。

 

「わかっちゃいるけど、やめられない」

 

あなたにも、何かありますか?

私には、もちろんあります。

 

まあ、仕方ないか…

という心の余裕を20パーセント残して、正論を求めたいものです。

 

それにしても、言われないでも、自然とやるようになれば、こういう会話は無くなるんですよね。

 

私は、子どもの頃、歯磨きが本当に嫌でした。

母は、私の歯をとても大切にしようとしてくれたようです。

あれこれ要求が多く、それが必要以上に私にプレッシャーをかけていたのかもしれません。ずいぶん、歯医者に連れて行かれました。

 

ところが、高校生の時には、言われないでも、歯磨きをキチンとしないと気持ち悪くなっていました。

 

もちろん、この頃には、うるさく言われることも、ほとんどありませんでした。

 

しかも、その後、歯医者さんで、歯をとても褒められて以来、気持ちが良くなり、歯のケアは、嫌な気がしません。

 

私の場合、歯磨きは自分でやる気になりましたが、勉強は、まあまあでした…

 

お母さんが、求めたいと思えば思うほど、そのプレッシャーが子どもの動きを止めてしまうかもしれません。

 

求めることは間違っていない、と私は思います。

20パーセントはできなくてもいい、と子どもの心にスペースを作ってあげてみては、いかがでしょうか?

 

〜〜

<執筆・コメント・取材・講演>

 

こちらのページをご覧ください。

実績、対応スケジュール、お申し込み方法などをご案内しています。 

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に