心が揺れたなら、周りを見てみよう。揺れていないところがあるから。

心が揺れた時の対処法。

周りを見てみよう。揺れていない人や部分があるから。



ココロは振り子理論の続きです。


「共振」という現象があるそうです。
1本のヒモに吊るした同じ長さの振り子は、振れ幅、周波数が同じ。
自然と揺れ出してしまったり、止まったり、と反応する。

それをココロに置き換えてみると…

Aくんが怒り出すと、同じ振れ幅を持っているBくんも怒り出す。

もし、CくんやDくんも同じ振れ幅だとすると、そういうクラスは結構、大変。

でも、ここは冷静に。

たとえ、振れ幅の同じ子が多かったとしても、落ち着いて周りを見ると、実は、EくんやFくんやGくん、HちゃんやIちゃんやJちゃん…

他の大多数は揺れていない。
こういう揺れていない子の共振を増やすことが大事。

まず、揺れていない振り子に目を向ける。
そのことで、自分が落ち着いてくる。

すると、次第に振れていた振り子の動きも落ち着く。
その上で、Aくんなり、Bくんなりのケアをすればいい。

以前のクラスで、ある子にこんなことを言われたことがあります。

「アイツはいいなぁ〜いつも、先生に見てもらって〜」

アイツ、とは、勉強もできて、スポーツもできる。
私たち、教師からの信頼も厚く、みんなからも一目置かれるリーダーそのもの、のことではなかったんです。
はっきり言って、手のかかる子だったのです。

この言葉に、私は本当に驚きました。
そして、よくできる優等生やら、手のかかる子やら、要は目立つ子ばかりに目を向けてはいけない、ということを大切にするきっかけになりました。

お子さんのことで、気持ちが揺れた時、揺らす原因があったはずです。
しかも、それを気にすれば、するほど、余計に揺れてしまいがちです。
だからこそ、他のポイントを冷静に見ることが大切です。
そのことで、気持ちが落ち着きます。
すると、次第に、安心材料が目に入ってきます。

ぜひ振り子の共振を思い出し、揺れていない部分を意識するようにしてみてほしいな、と思います。

〜〜

<執筆・コメント・取材・講演>

 

こちらのページをご覧ください。

実績、対応スケジュール、お申し込み方法などをご案内しています。 

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に