子どもの口ぐせに思う、言葉の奥にある自信の大切さ

子どもの口ぐせに思う、言葉の奥にある自信の大切さ

 

 

「クセ」が怖いのは、自覚もなく、習慣化していることです。

私はたくさんの子ども達と関わってきましたが、その中で、

 

「何?悪い?」

 

が口ぐせだった2人の子どもが印象的です。

 

まず、Aくん。

彼は、何かと言うと、

 

「何?悪い?」

 

と答えるのがクセでした。

 

ある日、Aくんは制服のワイシャツの襟が立っていました。

それをクラスメイトの一人が、立ってるよ、と声をかけてあげたことがありました。

 

その時も、Aくんは、

 

「何?悪い?」

 

と答えていました。

 

Aくんには、面白いところもあったので、一人ぼっちになってしまうことはありませんでしたが、何かと言うと、

 

「何?悪い?」

 

と返されるのも、ちょっと嫌ですよね。

本人としてみれば、相手を責めるというよりも自分を守りたい、という心理のくせなのではないか、と私は感じていました。

 

私の勤める学校では、クラス替えがなく、6年間、同じメンバーと過ごします。

ですから、まさに家族と同じ。

少々気になることを言われたとしても、他の良さもわかっていますし、対応の仕方も慣れたものなので、関係を築くこともできました。

 

が、いつもそれでは、無用なトラブルも生んでしまいそうです。

 

さて、もう一人の「何?悪い?」の子、Bちゃんです。

 

この子は、ハキハキ、サッパリ、という印象の子でした。

 

彼女も、何かと言うと、

 

「何?悪い?」

 

と言うのですが、彼女の場合、よく覚えているシーンは、こうでした。

 

Bちゃんには、仲良しのCくんがいました。

3年生ともなると、あまり男の子と仲良くしていると、からかわれることもあるものです。

 

Bちゃんも、ある日、またCと遊ぶのかよ〜と、言われたのでした。

そこで、Bちゃんが答えたのが、

 

「何?悪い?」

 

でした。

 

ここまでハッキリ、悪びれずに答えられては、もう返す言葉もありません。

それ以来、そんな指摘は、ありませんでした。(少なくとも、私が把握している限りでは…)

 

「何?悪い?」

 

という言葉は、まあ、いい言葉ではないかもしれません。

相手に攻撃的な印象を与えやすい言葉です。

 

だとしても、まだ心の柔らかい子ども達は、その奥にある気持ちをきちんと把握して、関係を築くことができます。

 

自分の気持ちを、落ち着いて、どっしりと伝えることは、相手の気持ちも鎮めることができるようです。

 

〜〜

<執筆・コメント・取材・講演>

 

こちらのページをご覧ください。

実績、対応スケジュール、お申し込み方法などをご案内しています。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に