心穏やかな毎日のために…ココロは振り子。

心穏やかな毎日のために、ヒントにしてほしいこと。

"ココロは振り子"理論。


ずいぶん前のクラスの話です。
学年も終わりに近づいた、3月のことでした。
ある男の子が、突然、手を挙げて、こんなことを言い出しました。

「来年も、青木先生がいいな!」

突然のことで、ビックリしましたが、もちろん、そんなことを言ってもらえて、とても嬉しかったことは間違いありません。

が、次の瞬間、偏りすぎの危険性も、ちょっと感じました。

一つの方向に気持ちが大きく動いた時は、その逆にも動くはずなのです。

そうでないと、バランスが取れません。

先生、大好き!大好き!

があるなら、

先生、大嫌い!大嫌い!

とセットでないと、おかしいわけです。

私は彼の言葉を疑ったわけではありません。私のことを信頼してくれての言葉だと思います。

ですが、その唐突さや勢いに、ちょっと慎重になろう、と感じたのでした。

クラスには、他の子もいます。

いろいろな感じ方をする子がいるはずです。


ですから、私は、彼のその言葉に対しては、とても冷静に、

「ありがとう。嬉しいよ。」
とだけ言いました。
今であれば、クラス全体に対して、もっとプレッシャーをかけない言葉も添えるかもしれません。

嬉しい時は、嬉しいでいいし、悲しい時は、悲しいでいい。

あんなヤツ、大嫌いだ!という時は、とことん大嫌いでいい。


けれど、いずれ、その反対の気持ちも湧いてくるはずだ、と大人はおおらかに構えていることが大切ではないか、と思います。
特に、悲しい時、嫌なことがあった時、腹が立って仕方ない時、そんな、「ネガティブ」な気持ちに子どもがもまれている時こそ、最も頼りになる存在であるお母さんが、ココロは振り子だ、とどっしり構えていてくださると、子どもは救われるのではないでしょうか。

もちろん、お母さんだって人間です。
お子さんの話を聞いて、悲しくなったり、腹が立ったりもするでしょう。

いや、むしろ、一緒に悲しんだり、腹を立てたりしてくれないと、子どもは孤独です。

お子さんと一緒に、悲しんで、腹を立てて、場合によっては、お子さん以上に、悲しんで、腹を立てて、それから一足先に、ニュートラルの位置まで、戻ってくださると、ありがたいな、と私は思います。

〜〜

<執筆・コメント・取材・講演>

 

こちらのページをご覧ください。

実績、対応スケジュール、お申し込み方法などをご案内しています。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に