"YouTuber"が、子どもの夢になった記事から思う、子育てで、具体的に、取り組むべきこと

"YouTuber"が、子どもの夢になった記事から思う、子育てで具体的に、取り組むべきこと

 

何はともあれ、ネットの歩き方を家族で考えてほしい。

 

 

 

oricon styleに、「"YouTuber"は何故子ども達の"将来の夢"になったのか?」と題した記事が掲載されています。(こちら

 

それによると…

 

<以下引用>

大阪府内のある小学校が「4年生男子の将来の夢」を調査した結果、第1位には不動の“サッカー選手”、2位に定番の“医者”、そして3位に“YouTuber(ユーチューバー)”がランクインしたことで大きな話題になっている。

<以上>

 

のだそうです。

 

最近は、子どもの人気"YouTuber"もいるとか。

 

実際、私が担任していたクラスの子ども達も、

 

「この動画、探してみようか?」

 

とか、

 

「こんな動画をアップしたいよね」

 

というような会話をしていたことを思い出しました。

 

oriconの記事にも触れられていましたが、私としても、「好きなこと」を大事にして、「楽しいこと」に挑戦していくことは、いいことだと思います。

 

なのに、心の中に、

 

「う〜ん…」

 

と、すっきりしないものが残るのは、なぜなのでしょう…

 

何だか、怪しいから?

 

まあ、そうかな…

 

が、私のように、現役教師でありながら、自分のライフワークとして、情報発信を続けているのも、同じと言えば、同じです。

 

私自身はYouTubeでの動画配信をしたことはありませんが、音声メッセージを録音して、毎週、日曜日に配信しています。

 

影響力、という点では、動画であるyouTubeの方が、はるかにあるでしょう。

どうせやるなら動画だって。

 

でも、なぜ、私がしないのか。

 

それは、まず、やり方がよくわからないのと、何かしら根拠のない不安があるから、というのが正直なところです。

 

顔も出し、実名も出し、職業も出し、勤務先も出して、

本を出し、ブログ記事も出している私。

 

なのに、YouTubeはできない。

 

そこには、大した意味も、根拠も無さそうです。

 

そう考えると、子ども達が動画の配信だからといって、これと言った「意識」をしないことは、「良いこと」と捉えてもいいように思います。

 

ただ、私としては、うっかり映り込んだ、ちょっとした名前や場所などをきっかけに、トラブルが起きたり、誰かに迷惑をかけてしまったりすることについて、ご家庭でしっかり考え、対応をすることは必要だと思います。

 

ネットがらみのことは、YouTubeに限らず、

「もう、私にはわからないから、子ども任せよ」

というのは、大いに危険があります。

 

学校でネットリテラシーについて学ぶようになった頃は、よく、こういう表現がなされていました。

 

「インターネットは、新宿の歌舞伎町と同じ。大人が何のケアもなく、子どもを一人で、歌舞伎町に行かせよう、という方は、いませんよね?」

 

「はい…わかっています。でも、どこまでチェックしていいのか、管理していいのか…」

 

そうですよね。

私も同感です。

 

そういう時は、もう直感です。

お子さんの作った動画なり、書き込みなりを見て、読んで、

 

「私は嫌だ」

 

と感じたら、率直に、そう伝えてみましょう。

そして、例えば、

 

「高校を卒業して、自分でアルバイトをして、通信料を自分で払うようになってから、自由にしてね」

 

などという対応もありますね。

 

YouTuberだの、稼ぎがあるだのないだの、そういうことよりも、この記事をきっかけに、ネット上の言動について、考えてみてはいかがでしょうか?

 

〜〜

<執筆・コメント・取材・講演>

 

こちらのページをご覧ください。

実績、対応スケジュール、お申し込み方法などをご案内しています。

 

 

 

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に