熱意が人を動かす、のウソ?肩の力が抜けているから、話が伝わる。

熱意が人を動かす、のウソ?

肩の力が抜けているから、話が伝わる。

 

 

私の知人で、カラオケ大好きな人がいます。

その人から聞いた話なのですが、ヘタな人の歌ならまだ聞けるのだそうです。

一番、聞いていられないのは、上手さをアピールしようと、力がこもっている人の歌なんだ、ということでした。

 

あ〜なるほど〜

 

と、気づきのある話でした。

 

私も子どもたちに、これは伝えなきゃ!と力んでしまうことがあります。

ケンカがあったり、トラブルがあったり、あるいは、いいことでもそうです。

 

「この出来事の意味を、この子たちに伝えるんだ!」

 

と力むと、確かに、白けてしまうことがありました。

 

私のケースでは、私対子どもたち、という構図ですから、ご家庭でのお子さんとの会話とは、また状況も違いますが、どうも、大切なことほど、力むと、かえって伝わらない、ということを頭の片隅に置いておくと、無用な親子ゲンカやイライラを減らすことができそうです。

 

「こんなに真剣に話しているのに!」

 

と、お母さんがイライラしてしまう時、

 

「うん?ちょっと力み過ぎているかな?」

 

と考えてみることは、お子さんに話を伝えやすくするキッカケになるかもしれません。

 

実は、このブログもそうなんです。

 

よし!

今日は、自分の教育観がしっかり表現できて、事例もあって、よくできたぞ!

 

と、力のこもった記事なのに、大して反響がないのです。

 

むしろ、学校からの帰りの電車の中で、10分程度で、サラッと書いた記事に、いいね!をたくさん、付けていただいたり、メッセージをいただいたりするものなんです。

 

お子さんが、本当に苦しんでいる時は、大げさなほど、真剣に、力をこめる必要もあるでしょう。

が、いつもいつも、お説教に力がこもっていたのでは、とても、子どもは気持ちがもちません。

 

マジメなお母さんほど、適当であることに一生懸命になるといいのかもしれません。

 

〜〜

<執筆・コメント・取材・講演>

 

こちらのページをご覧ください。

実績、対応スケジュール、お申し込み方法などをご案内しています。

 

 

 

 

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に