今日は「できる子」に育てる、超戦略的な極意をご紹介します。

「できる子」に育てる極意!?

「できないこと」を認める。

 

 

「あ〜それ、できない!」

 

やりもしないうちから、文句を言って、やろうとしないお子さんにイラっとされたことはありますか?

 

どんなことでも「初め」があり、

どんなプロにも「初心者」がある。

 

だから、初めからうまくいかなくて、当たり前。

 

きっと、お子さんに何度も話されたことがあると思います。

 

ですから、そういうことは、「知識」としては、お子さんの頭の中には入っているのです。

 

でも、できないことはしない。

 

それは、誰でも初めはできないけれど、やっていればできるようになるよ、ということが、ハラ落ちしていないということです。

 

だいたい、私自身が、できないことにも果敢に挑戦していこう、というタイプではありません。

 

できない自分、ダメな自分は隠しておいて、スマートな自分を見せていたい。

 

そう思って憚らない私です。

 

もちろん、私はそんなスマートな人間ではありません。

スマートに見せよう、と必死に演出しているわけです。

スマートに見せるために、できる何か、すごい何かをアピールするなんて、まさに張りぼてですね。

 

ところが、そんな張りぼての自分も、子どもの前ではバレバレです。

私の勤めている学校には、職員室がなく、担任は朝から晩まで、教室にいます。

1週間近くにもわたる臨海学校が2年生からあり、当然、寝起きも一緒にします。

 

ということで、一生懸命、張りぼてを作っている自分もバレバレなんですから、もう、仕方ないと、裸の自分でいるしかありません。

 

そんな「できない自分」をどうにか、認めようとしている「自分」

大人でさえそうなのですから、子どもは、もっと「できないこと」を自分で認められないのではないでしょうか。

 

何かをやってはみたけれど、できなかった自分。

 

そんな自分を自分で見たくないからこそ、やらない。

 

ならば、できない自分を認めてあげることが、スタートになるのではないかと思います。

 

私の経験上は、「できないこと」を子どもが想定している以上に認めて、どんどんやってあげると、そのうち、

 

「もう大丈夫。自分でやる」

 

と言い出す子がほとんどです。

ですから、「できないことを認めること」も、「初めはやってあげること」も、全く甘やかしではありません。

 

むしろ、戦略的な取り組みなんです。

 

何より、自分自身が何かを始める時、そうしてくれたら、心のハードルは、ずいぶん下がるだろうな、と思います。

 

一度、試してみませんか?

 

〜〜

<執筆・コメント・取材・講演>

 

こちらのページをご覧ください。

実績、対応スケジュール、お申し込み方法などをご案内しています。

 

 

 

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に