お母さん!お子さんに言ってはいけない言葉、知っていますか?「お願いだから」

言ってはいけない!

「お願いだから」

 

大切なことなら、「お願い」なんて、下手に出る必要はない。

「お願い」されるから、「イヤ」になる。

 

 

先日、最寄りの駅に向けて歩いていた時のことです。

まだ朝も早く、会社や学校に向かう人たちも多かった道でした。

 

新人研修なのか、美容室のチラシを渡している若者がいたのですが、

ほとんど、誰一人、受け取る人はいませんでした。

すみませんが、私も受け取りませんでした。

 

次の日、また同じ光景に出会いました。

やはり、私の見える範囲では、誰も受け取っていませんでした。

 

それはそうですね。

会社や学校に急いでいる時間帯、状況に、金髪や茶髪の若者に、美容室のチラシを渡されても、邪魔になるだけです。

 

ですから、4月という時期もあり、美容室としては、新人研修の一環なのかな、と思ったのですが、次の瞬間、耳に残った言葉がありました。

 

「〜お願いします!」

 

「割引のクーポンになってます。お願いします!」

 

うん?

割引、というメリットを説明しつつも、結局、「お願い」か…

 

お願いされると、嫌になる。

 

イジワルなようですが、それも一つの心理ではないか、と思ったのです。

 

「お願い」される、ということは、相手から、自分の心に要求を押しつけられるということです。

 

すると、自然と

 

「押し返そう」=「イヤ」

 

という心理が沸き起こるのではないか、という想像が私の頭の中に起こりました。

 

私は、勤務する学校で、放課後の子ども達の預かりを担当しているのですが、そこで、大学生の指導員は、子ども達が言うことを聞かなくなると、

 

「ほら、頼むから、もう着替えなさい」

 

とか、

 

「ねえ、お願いだから、もうやめて」

 

という言い方をしてしまうことがあります。

もちろん、私も教室でそういう言い方をしたことが何度も(!?)あります。

 

が、よくよく考えると、「お願いする」って、変です。

教育上、安全管理上、その他、正当な理由と目的で、子どもに何かをさせたい時、

 

「お願いする」

 

というのは、おかしいと思いませんか?

 

もちろん、子どもがしたくない、という気持ちになるのは理解できます。

 

例えば、楽しい遊びをしているけれど、帰る時間になってしまった。着替えたくない!

宿題をやっておかなきゃダメだけど、先にあの遊びをしたい!

 

そりゃ、まあ、そうですね。

 

が、やらなくてはならないこともある。

 

だとすると、「お願い」なんて、する必要ありませんよね。

でも、なんだかかわいそう…と思って、下手に出てしまうのです。

 

「かわいそう」

 

何がかわいそうなのか。

よく考えてみると、子どもに無理強いして、嫌われる自分がかわいそう、という側面もありそうです。

 

「お願い」と妙にへりくだったり、下手に出たりすることは、かえって言われた方が、断りたくなる心のプレッシャーを与えることになるかもしれませんね。

 

そういえば…

かなり前のことだったと思いますが、妙にティッシュペーパーを多く手渡している人を見かけたことがあります。ほとんど全員が受け取っていたような気がします。

 

その人は、無言でした。

何を配っているのか、見えるようにして、無言で、スッと手に載せているという感じだったと思います。

 

言葉は相手を鼓舞する力も持っている反面、プレッシャーを与える側面もあります。

まず、「お願い」しない。

試してみませんか?

 

〜〜

<執筆・コメント・取材・講演>

 

こちらのページをご覧ください。

実績、対応スケジュール、お申し込み方法などをご案内しています。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に