誘導のない子育てなんてないけれど、でも、やはり、「ほめて」子どもを誘導してしまうことに、慎重でありたい。

子どもを(人を?)ほめてはいけない理由  〜その2〜

 

ほめると見せかけて、実は誘導であることがあるから。

 

 

ほめる…


いいことのようで、よくないという側面があり、もちろん、叱ってばかりでは、やる気も出ない。難しいテーマだと思います。


私は、この「ほめる」ということについて、昨日の大先輩からの言葉をきっかけに、先輩や同僚と、たくさん話してきました。


私の勤める学校は、とても小さい学校ですが、私が初任の頃は、1学年1学級しかなく、当然、先生の数も少なくて、年の近い先輩も、少なかったわけですが、そういう近しい先生からも、


「青木先生、ほめるって難しいよね」

 

と、クラスでの出来事を聞かせていただきました。


その内容は、ほめることで、子どもを誘導してしまうということでした。


ほめてもらえることで、やる気が出る、認めてもらえてうれしい、

というのは、自然の心理だと思います。

 

が、「ほめる」ということをエサにして、こちらの都合のいい状況に、子どもを(人を)誘導しようとすることになりやすい、ということを念頭に置いておきたいものです。


もちろん、それは、多くのお母さん方も、わかっていらっしゃることだと思います。

 

できなかったことができるようになった!

 

「すごい!よくできたね!」

 

これは自然です。

 

でも、

 

大人にとってできてくれると都合のいいことがなかなかできない。

早くできるようになってほしい…

 

「ほら、できるよ。できるよ。あ〜できたね〜さ、じゃ、今度はこれいこう!」

 

これは誘導です。


まぁ、ここまであからさまな誘導は、自覚しての誘導でしょうから、いいと思いますが、自然に認めているつもりでも、子どもの方は、無意識にその方向で行かなきゃ!と受け止めてしまうこともあります。


このテーマは、考えることが大切なのかもしれません。


誘導の全くない子育てなどありえませんし、誘導ばかりしていては、子どもの自己肯定力を抑えつけることにもなるでしょう。


「正解」を求めるのではなく、現に今、子どもたちが教室なり、ご家庭なり、友達との関係においてなりで、起きていることを正面から受け止めつつ、考えていきたいな、と思います。

 

 

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に