他人に良さを探しても時間のムダ!?実は、もうあるのでは?

ない、ない、と思っていたものが、身近にある。

特に、他人にはあって、自分(我が子)にはない、というものほど?

 

他人の中に自分にはない良さを探すのは、もったいない。

実は、もう、自分の中に、十分なよさがあるのではないでしょうか?

 

隣の芝生は青い

 

と言います。

私にも、その感覚はあるので、わかる気がします。

 

先日、とある女子と話していました。

その時、ふと現れた上級生の女子と、二言三言、言葉を交わし、上級生の子は、サラリと去ってしまったのですが、その時、

 

「あ〜あんなお姉ちゃんが、私にもいたらよかったのに…」

 

と、私の横で、彼女はつぶやいたのでした。

 

彼女のお姉ちゃんのことを私は知りません。

が、彼女とのこれまでの会話で、お姉ちゃんへの信頼感や、あこがれのようなものを感じていたので、特別、関係が悪いというわけでもなさそうです。

 

颯爽と去っていった上級生の女子は、彼女とは、またタイプの違う子です。

スポーツがよくできて、なんとなく、キラキラした感じがします。

 

 

「あんなお姉ちゃん…」

 

と、彼女は言いましたが、どことなく、

 

「私もああなりたい。あんなだったらよかったのに…」

 

という気持ちが垣間見えた気がしました。

 

彼女は、物静かで、口数も少なく、その分、周りのことをよく見ていて、冷静です。信頼できます。

でも、そんな自分の特性を

 

「つまらない」

 

ととらえてしまうんですね。

私からすると、もったいない!とんでもない!ということですが、本人にしてみれば、そうなのです。

 

私は気遣いでなく、彼女の魅力を感じていますので、とりたてて、彼女を妙に褒めてみたり、励ましてみたり、あるいは去っていった上級生を悪く言ったりもしません。

 

単純に、それぞれの魅力を感じ、それぞれが、もっと自分らしさを磨いてほしいと思って、見守るのみです。もちろん、会話もしますし、一緒にも遊びますが、「あえて」、何かをすることはありません。

 

 

話はガラッと変わります。

フレンドリーな接客で、ファンをつかんでいるスターバックスコーヒーですが、よくFacebookやツイッターなどで、カップに一言、メッセージを添えてくれるのが、嬉しいとか、癒されるとか、励まされる、という写真を見ることがあります。

 

私は、もらったことないなあ〜と漠然と思っていて、そんなに欲しいとも自覚していた訳ではなかったのですが、つい先日、入ったスタバで、とうとうメッセージがあるのを見つけ、2つの大きな学びがありました。

 

まず1つ目。

 

そのメッセージは、

「Thank you !」

という、特別なものではなかったのですが、妙に嬉しい自分に気づきました。

 

「別に、欲しい訳じゃないよ〜」

とニヒルを気取ったいたわりに、実は、

 

「いいな〜自分にはないな〜」

 

と、「自分にはない」ということを過剰に意識していたんだな、ということに気づきました。

 

そして、2つ目。

 

実は、気づかなかっただけで、今までもメッセージはあったのではないか、ということです。

 

この日、メッセージに気付いたのは、カップを運んだ時に、うっかり揺らしてしまい、少し中身がもれてしまったのです。そこで、こぼれたところやカップの脇を拭いたのですが、その時に、メッセージに気付きました。

 

日頃、そんなに頻繁にこぼす訳もなく、カップの飲み口は1か所しかないわけで、ぐるぐるカップを見回したりはしません。

 

ということは、ないない、と自分で決めつけていただけで、実は探していなかった、気付いていなかっただけ、という可能性もあるということに思い当たったのでした。

 

私は、ということかもしれませんが、クラスで子ども達と関わってきて、人の目は、

 

「ない」

 

ことの方に向きやすく、しかも、そのことをネガティブにとらえがちだと感じます。

 

が、それは、もしかしたら、もったいないことなのかもしれません。

 

本当の自分の魅力を隠してしまう心の持ち方かもしれません。

 

あるいは、本当は、もうあるのに、ないと決めつけているだけかもしれません。

 

このところ、スタバでは、いろいろなことに気づかせていただいています。

割高な(!)コーヒーも、私にはとんでもなく、お安い授業料のようです。

 

~~

〈講演・コメント・取材・執筆〉
 
こちらのページをご覧ください。

実績、お問い合わせ、お申し込み方法などをご案内しています。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に