「好き」の奥に潜んだ、「自分が好き」の罠

好きなことなら、長続きする。

 

ところで、それが本当に好きなのでしょうか?

もしかして、それをしている、あるいは、持っている自分が好き、という可能性はありませんか?


やめなさい、と言われてもやってしまうことは、本当に好きだといいます。

そして、好きなことなら、長続きするので、好きなことを本当に大切にしましょう、ともいいます。

私は、この考えに大賛成です。
が、好きなことのはずなのに、続かなかったり、イライラしたり、どうもうまくいかない。
そんなこともあります。

 

本当に好きなことなら、放っておいても、やっているものです。叱られても、ですね。

本が好きな子は、少しでも空いた時間を見つけて、本を開いています。
動くのが好きな子は、隙あらば遊びに行こうと、ウズウズしています。

さて、男の子に多いようですが、何かを集めることが好きな子がいます。

石ころだったり、プラスチックのかけらだったり、大人の感覚では、
「え?ゴミでしょ…」
と言いたくなる、そんなものです。

しかも、
「どうせ、今こだわっているけど、三日もすれば、集めなくなるのに、捨てたら怒るんだから…」
という話がセットであることも多いですね。

 

こういう時は、ガラクタ(!?)そのものよりも、集めている自分が好き、ということかもしれません。

人にはわからないかもしれないけれど、道端で、「偶然」見つけた、「レアな」ものを、「コレクション」している自分。
そんな自分が好きなのかもしれません。

 

話は飛躍しますが、例えばベンツ…
ベンツという車、そのものが好きなのか、それとも、ベンツに乗っている、所有している自分が好きなのか。

そんなこととも、根っこは似ているかもしれません。

まぁ、石ころやガラクタならいいと思います。
あるいは、自分で管理できる範囲ならベンツにこだわってもいいと私は思います。

が、大人がお子さんに与える環境を考えるとき、今日のテーマを意識してみることは、大切ではないかと思います。

受験を勝ち抜いて、わが子らしさが生きる環境、あるいは、ご両親が惚れ込んでしまう教育理念や方針、内容を求めているのか…


それとも、いわゆる「いい学校」に子どもを合格させた自分が好きなのか。


この違いは、決定的なものです。


私が言いたいことは、その違いに気づいておくことが大事だ、ということです。どちらがいいとも、悪いとも言っていません。


どちらかのフリをすることで、子どもは心を疲れさせる、ということを言いたいのです。


「あなたのためなのよ」


と、本当かどうかわからないことを言われるより、


「私が気に入っているんだから、今はこれにしなさい」


と、ハッキリ言われた方が、


「ひどいよ〜お母さんの都合じゃないか〜」


と文句を言えるだけ、明るく過ごせます。


クラスでは、習い事や塾など、放課後の時間の使い方について、相談を受けることもしばしばです。


そんな時、ゆっくり話を伺うと、


「この習い事、完全に私の趣味なんですよね…」


と苦笑いされるお母さんもいらっしゃいます。

私は、それを自覚して、しかも他人に言える、というオープンなところがステキだと思うんです。


お子さんが小さいうちは、お母さんの趣味でいいんだと思います。


好きなのは、そのものなのか、それとも、それをしている自分なのか、重要なポイントだと、私は思います。


~~

〈講演・コメント・取材・執筆〉
 
こちらのページをご覧ください。

実績、お問い合わせ、お申し込み方法などをご案内しています。 

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に