ママ友のことで悩むのはわかるけど、その家族のことまで悩む必要はない!

ママ友のことで悩むのはわかるけど、その家族のことでまで悩む必要はない!

 

何かを言われる、特に批判的なことを言われるのは、嫌だけど、まあ、言う人は必ず言うので、気にしない練習も必要では?

 

 

新しい年度が始まりました。

新しいクラス、新しい学校で、どんなお友達ができるか…

子ども達はもちろん、お母さん方も、ドキドキ・ワクワクですね。

 

新しい先生もわかり、友達の顔ぶれもわかり、さて、次に気になるのは、お母さん方の顔ぶれでしょうか?

 

事実、私の描いているブログでも、この一か月で最もアクセス数があるのが、

「お花見シーズンを前に、ママ友関係に、ヒヤリとした風を吹かさないヒントとは…」

というママ友関係の記事です。

 

さて、以前、とあるお母さんから、ママ友関係についてのお話を伺ったことがあります。

お子さんについて、とあるママ友から、ちょっとした注意を受けた、という話だったのですが、さらに気分を落としてしまった原因が、ママ友のご主人の言葉だったのだそうです。

 

その言葉というのは、特別に乱暴な言葉だったわけではないそうですが、なんで両親揃って、自分を悪く言うの!?と、腹も立つし、悲しいし、と、とても気分が荒れてしまったようです。

 

大なり小なり、子どもは周りに迷惑をかけるものです。

時には、相手の両親に謝罪する必要もあるでしょう。

文句の一つも言いたくなることだってあると思います。

 

が、売り言葉に買い言葉と言いますか、言葉は音声としては、瞬間的に消えてしまうのに、感情としては、心の中で、必要以上に増幅されて残ってしまいます。

 

ママ友のご主人は、夫婦の会話の中で、

 

「あ〜そうだね〜」

 

と、テレビでも見ながら、仕方なく相槌を打っていたかもしれません。

 

でも、

 

「我が家では、主人も一緒に、あなたの注意の仕方がおかしいって、言ってるのよ」

 

と言われてしまうと、夫婦一丸となって責めてきたように思えるのも想像できます。

そうなると、本質的なテーマから外れて、大人の感情対立になってしまいます。

 

そんな時は、まず、

 

「トラブルは何?」

 

ということをはっきりさせる必要があります。

具体的に、誰がどんなことをして、どんな迷惑がかかったのか、相手はどう感じたのか、ということが原点です。

 

その上で、謝罪する必要があれば、スパッと謝り、もうおしまいにして、次のこと、他のことをあえて、考えていく必要がありそうです。

 

騒ぎが好きな人は、騒ぎを大きくしていきます。

 

関係者は、誰か。

 

もう、当事者までで十分です。

 

 

口で言うのは簡単。

実際の気持ちは、そう理屈どおりにはいきません。

 

だからこそ、気にすべきこと、もう意識を向ける必要のないことの区別をつけるよう、練習することが大事だと思っています。

 

~~

〈講演・コメント・取材・執筆〉
 
こちらのページをご覧ください。

実績、お問い合わせ、お申し込み方法などをご案内しています。 

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に