本当に目標を達成するためにこそ、川の流れに身を任せる時も必要では?

本当に自分らしさを活かすためには、川の流れに身を任せる時も必要!?

 

大きな川の流れに入ったなら、ジタバタせずに流れに乗るのが安全で、スムーズですよね。

私の勤める小学校では、今日が始業式でした。

担任を離れ、新しい取り組みに向かっていき始めた今日。

 

この川の流れの先には、何が待っているのでしょうか!?

 

 

目標を明確にすることが大事だと言います。

しかも、「頭が良くなる!」というようなことではなく、何のテストで何点取る、とか、平均点を何点以上にするとか、数値化して具体的にすることも大事だとも言います。

 

確かにそれもそうです。

が、どうもそれでは行き詰まる、息が詰まるような気がするのです。

 

自分の予想できる範囲での目標という「自分で思い込んでいる限界・枠」を取っ払うために、ありえない数値目標を上げるのはいいのでしょうが、算数のテストは85点以上にしよう、などというのは、小学生の学校のテストなら、そう高い目標ではありません。

 

やる気が湧きだして止まらない!

などという効果はなさそうです。

 

ではどうするか…

 

目標を立てずに、流れに身を任せることも一つではないか、と思います。

 

今日は私の話をする勝手をお許しください。

 

今年度の私は、再び担任を離れることになりました。

職場の一員である以上、人事は絶対です。

どんな気持ちがあるにせよ、発令された人事には従います。

 

とはいえ、クラスを離れ、担任をしない、ということに寂しさや後ろ髪を引かれる気持ちがあるのも事実です。

 

でも、私はこの川の流れに身を任せることが、妙に大切なのではないか、という気がしてならないのです。

 

何の根拠もありません。

何の具体的な目標もありません。

 

ただ、妙に何か新しいことが始められるような気がします。

 

目標がないのではなく、正確には、目標を立てたり、考えたりする時間も惜しいほど、動くと言うことだと思います。

 

これまで、当たり前だったこと、考えを超える。

それは、自分の全否定ではなくて、過去の自分への執着を捨てるということです。

ですから、何か風穴を開けるようなことに取り組もうと思っています。

 

今、私が書くことには、何の具体性もありません。

 

この川の流れに身を任せて進んだ先で、思いもよらないほど多くのお母さんの気持ちを軽くし、そして、その結果、子ども達が安心して自分らしさを発揮できることだけを考えて書きました。

 

このようなブログは、常に読者目線で、読者の立場に立って、読者にとってメリットのある記事を書くのが常道です。

 

当然のことです。

テクニック論ではなく、相手の立場に立って、必要なことを提供する姿勢は重要です。

 

ですが、私にとって新しい一年の始まりの日。

今日は、これを書かなくてはいけないような気がして、書かせていただきました。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に