子どもの言動にヒヤッとしたり、イラっときたりした時、考えてほしいこと。

子どもの言動にヒヤッとしたり、イラっときたりした時、考えてほしいこと。

 

あなたは、車の運転をしていて、子どもの飛び出しにヒヤッとしたことがありますか?

私の場合、何年か前に、渋滞していた対向車線から、スッと小さな子が出てきて、ヒヤッとした経験があります。

 

大人の感覚からすると、どうしてそんな危ないことができるの?

と思うことでも、子どもの場合、身長や視野の広さという物理的な制約で、大人の感覚で考えてはいけないのですね。

 

自動車メーカーのホンダでは、交通安全の啓蒙活動として、

「CHILD VISION」

という子どもの視野を体験できるメガネの情報を提供しています。

 

それによると、大人の左右視野が約180度あるのに対し、幼児の場合は、わずか90度。

半分しかありません!

 

さらに身長も約半分ぐらいと考えると、よほど大人の方が気をつけてあげなくてはならないのは、当然です。

 

さて、話は事故防止にとどまりません。

毎日の生活の中で起こる、様々な出来事についても、子どもの経験は大人より、圧倒的に少ないのです。

 

30歳前後でお子さんを授かったとすると、すでに30年の差があるのです。

当たり前のことです。

そんなこと、わかっていますよね?

 

ところが、お子さんも小学生ぐらいになり、言葉では大人と同じようなことを言うようになると、ついつい、圧倒的な経験年数の差を忘れがちです。

 

人間関係のトラブルは、大人でも嫌なものですが、子どもにとっては、大人の感覚以上に辛いものだったり、逆に、大人からすると、ひどい!と憤慨したくなるようなことなのに、全く気にしていなかったり、ということがあります。いや、よくあります。

 

その大人の感覚とのズレは、大人にとって、「?」マークを心の中で飛び交わすことにもなりがちです。

 

交通事故防止のための子どもの視野を把握することは、「CHILD VISION」など、具体的な体験として経験できます。

 

が、心の方は、なかなか簡単ではありません。

 

何かがあった時のお子さんの反応にイラっときたら、

 

「そうそう…4分の1、4分の1。今はこれでいいんだ」

 

と思い出してみてください。

 

視野も経験も4分の1の相手なんですから、まあ、仕方ないですよね。

 

そして、それはあまりに違うでしょ!と思うなら、怒る前に、

 

「知らなくて(できなくて)当たり前ん。教えてあげよう」

 

という感覚で接することが大事なのではないかと思います。

 

~~
〈講演・コメント・取材・執筆〉
 
こちらのページをご覧ください。
実績、お問い合わせ、お申し込み方法などをご案内しています。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に