お母さん!お子さんの「らしさ」を活かせていますか?

お母さん!
お子さんの「らしさ」を活かせていますか?

私の腰痛を一発で治してくれたカイロの先生から学ぶ自分らしさ

さかのぼること数日前の3月30日。
私は勤めている学校で、学童保育のようなことも担当していて、その子ども達が帰り、事務仕事をしていて感じたのが、妙な腰の重さ…

翌31日は、静岡を訪ねる日というのに、痛くなったら嫌だなぁ、と思ったところ、目が覚めると、ベッドから起き上がるのにも苦労する腰痛になっていました。

が、静岡では本当にエキサイティングな時間を満喫し、行ってみたかった駿府城も歩いてきました。

とはいえ…
いくら充実していても、やはり、痛いものは痛い。

一昨日は覚悟を決めて、こういう時にお世話になる、いつものカイロの先生のお世話になってきました。

そしていつもの通り、一発で痛みも取れ、感激して、

「すごいなあ、自分もあんなことをできるようになりたいなあ」

と思ったのでした。

が、それと同時に、

「それって、本当に自分の道?」

とも思いました。

今の安定した仕事を辞める、辞めない、というような話ではなく、それは、私がしたいこと、らしさを活かすことなのだろうか、と感じたのです。

いろいろな魅力ある人と関わり、魅力ある世界に触れることは、心豊かな生活に、とても重要だと思います。

が、それが本当に自分の世界なのか、ということを折に触れて、意識したいなと思います。

クラスで子ども達と関わっていると、子どもが相手を意識しすぎているな、と感じることがけっこう多くあります。

「あの子、どうしてもイヤ!」

「アイツのこととなると、許せない…」

うん?
どうして、そこまで?

と感じる時は、どうも、自分にないもの、自分が苦手にしていること、あるいは、自分が我慢していることを、平気な顔で、あるいは、ササっとやっているように「見えている」時だと私には思えます。

他人の良さや、憧れの存在、影響を与えてくれる存在の価値は、大いにある一方で、それは、隣の芝生が青く見えるだけで、本当に自分のらしさを活かす道なの?と、思います。

もちろん、私自身、まだまだ、隣の芝生を意識してしまいます。できない自分を気にするからこそ、何かができる人を見ると、盲目的に憧れたり、あるいは無性にイライラしたりするのかもしれません。

私には私の価値があり、あなたにはあなたの価値がある。

当たり前のことですが、あえて意識して考える習慣が重要ではないかと思います。

~~
〈講演・コメント・取材・執筆〉
 
こちらのページをご覧ください。
実績、お問い合わせ、お申し込み方法などをご案内しています。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に