佐々木小次郎と宮本武蔵の対決に学ぶ処世術とは…

佐々木小次郎と宮本武蔵の対決に学ぶ処世術とは…

 

何事もイメージに左右されてはいけないですね。

特に、噂話には気をつけないと。

 

先日、山口県は下関にある巌流島に行く機会に恵まれました。

穏やかな春の陽射しの下、わずか10分で着いた巌流島は、散歩にもってこいの素晴らしいところでした。

 

さて、巌流島には、有名な佐々木小次郎と宮本武蔵の対決シーンを模した像があったのですが、よくよく説明を読んだり、ネットで検索してみて驚きました。

 

詳細は不明にしても、この対決の時、宮本武蔵が20代の若者であったのに対し、佐々木小次郎は60歳代、一説には70歳を超えていた、というのです。

 

佐々木小次郎と宮本武蔵の対決を描いた絵を見た記憶はあるのですが、若者対老人の絵を見た記憶がありません。

 

なんとなく、佐々木小次郎というと、長い刀を持ったイケメン細面の色白男というイメージだったのです。

 

そんな老人を何時間も待たせて勝負するとは、果たして、正々堂々としたものだったのでしょうか…

 

もっとも、宮本武蔵が遅れた、というのも吉川英治の創作とのこと…

さらに、宮本武蔵は仲間を連れて対決に行った、という記録もあるとのことでした。

 

もう、こうなると、実際のところが何なのか、ちっともわかりません。

いや、イメージというのは怖いな、と思いました。

 

このようなことは、日常生活でもあるように思います。

教室でもこのようなことは起こりえますし、ご家庭の中でもあるかもしれません。

 

「う〜ん…それってホントかな?」

「誰かに都合のいいストーリーじゃないかな?」

 

と、心のどこかで思っておくようにしたいものです。

 

子どもの話を聞いていて思うのは、子どもは、そして大人ももちろん、決めつけられるのが嫌いです。

せめて、相手の話を予断を持たずに聞かないと、と思います。

 

~~
〈講演・コメント・取材・執筆〉
 
こちらのページをご覧ください。
実績、お問い合わせ、お申し込み方法などをご案内しています。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に