「ごめんなさい」は大事だけれど、言えばいいというものではない。形だけの謝罪を超えるための心の持ち方のヒント

「ごめんなさい」は大事だけれど、言えばいいというものではない。

 

形だけの謝罪を超えるための心の持ち方のヒント

 

 

何か相手を傷つけたり、迷惑をかえたりすることをやってしまったなら、きちんと相手に、

「ごめんなさい」

と言うことは、間違いなく大事だけれど、そればかり求めると、ただ言うだけになってしまうのが気がかりです。

 

 

先日、飛行機に乗った時の話です。

その日は、先行の便が急に欠航となり、私の乗った便に、振り替えて乗った方も多かったようです。

 

というのも、飛行機に乗り込んで、一息ついた頃、そういうアナウンスがあったから、知ったわけなのですが、まさにそのアナウンスの時です。

 

客室乗務員の方が、通路にきちんと並んで、ピタッとそろって頭を下げられました。

 

私はそれを見ていて、正直なところ、心はこもっていないな、と感じました。

 

嫌な感じはしませんでした。

やらされているんだ、というようなにじみ出てくる怒りのようなものもありませんでした。

作法に詳しくない私ですが、きっと失礼のない角度と動きで頭を下げたのだと思います。

 

でも、心がこもっているようには見えなかったのです。

 

その時、

 

「これって、学校で子どもが謝る時もそうだよな」

 

と思いました。

 

もちろん、きちんと相手に謝ること、ごめんなさいという言葉を発することは、大切です。

 

しかし、特に低学年などは、ケンカが起きて、行ってみると、大人の姿を見るや、

 

「ごめんね」

 

という子もいるものです。

 

「あ~本当に悪いことをしたなあ~」

 

という気持ちを引き出すことは、なかなか簡単なことではありません。

時間も、心の労力もかかります。

何かあるたびに、毎回、毎回、そんなに深いことを感じさせるのは、無理があります。

 

が、「ごめんね」さえさせれば、終わり、ということではない、という意識を持ってくださるだけで、形式上の謝罪を超えることができるように思います。

 

子どもの視野が広がるのには時間がかかります。

特に3年生以下では、大人が思うような「反省」をさせるのは、難しいように思います。

 

あなたのした言動が、相手を傷つけることになったんだよ、嫌だったんだよ、ということを「教えてあげる」感覚が必要だと思います。

 

そして、そういう時は、「ごめんなさい」という言葉を言おうね、という心持ちでいることが大切です。

 

「この子、こんなことして、自分から、ごめんねもしないなんて、ひどいわ」

 

となる前に、

 

「このタイミングで、教えておこう」

 

と、とらえることが必要だと思っています。

 

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に