苦手なママ友がいた時に、どうしてもお願いしたい、たった一つのこと

苦手なママ友がいた時に、どうしてもお願いしたい、たった一つのこと。

それは、あなたがそのママ友を大嫌いで、もちろんいい。
けど、子ども同士の関係とは別だと、折に触れて意識してほしいんです。


最近、ネット上で、苦手なママ友との付き合い方についての記事を頻繁に目にしました

新学期、新入学を前に、お母さん方の不安材料になっているのでしょう。

もちろん、私もお母さん方のお話を聞いていて、ママ友関係の難しさは、お察しします。

あんまりむげにするのもよくないし、かといってグループには入りたくないし…

そんな話は、よく伺います。
あ〜憂鬱だ、という声があるのも、理解できます。

そんなお母さんには、ツラいお願いかもしれません。
が、私は、これだけはお願いしたいんです。

お母さんの人間関係とお子さんの人間関係は別だと、折に触れて、意識してほしいんです。

もちろん、それはわかっていらっしゃると思います。
そうされているとも思います。

が、時々、思い出していただくことは、子どもの人間関係の幅を広げることにつながるでしょう。

子どもは、お母さんの気持ちに敏感です。
むしろ、意識しすぎて、お母さんが思っている以上に過敏だったりもします。

ですから、お母さんがどんなにわかっていても、ちょっとした瞬間の表情のこわばりや声のトーンの変化をお子さんは見逃しません。

お子さんが小さければ小さいほど、子どもの人間関係をお母さん方で物理的にコントロールしやすいため、その危険性が高くなるようです。

お母さん同士の関係は、程よい距離感で…

よく目にする話です。
私も同感です。

私は私立の小学校に勤務していますが、お母さん同士の関係がこじれて、それで学校を去ることに…ということも、ないではないのです。

それって、どうなんでしょうか…

人間関係は、キレイ事ではすみません。
イヤになったら、イヤでいいのです。
無理に関係を改善しようなどと思わず、

「あんな人は大嫌いだ!」

と怒鳴っていいと思います。

ただし、その気持ちとお子さんの気持ちだけは、しっかり分けておきたいものです。

そこを混ぜて、お子さんも味方にしようとすると、中学年以降、お子さんとお母さんの関係を悪くする火種になりかねません。

大嫌い!

と叫んだり、ホンネで言える相手作りが、お母さんも、お子さんも救うかもしれませんね。

~~
〈講演・コメント・取材・執筆につきまして〉
 
こちらのページをご覧ください。

実績、お問い合わせ、お申し込み方法などをご案内しています。



ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に