得意なことと好きなことは違うこともある。

得意なことと好きなことは違うこともある。


先日、大学生になった卒業生と話す機会があり、大学生活について、いろいろ聞いていました。

彼はいくつかの大学を受験し、ご縁があった学校、なかった学校があり、結局、とある大学で学んでいるのですが、今になって、こんなことに気づいた、というのです。

それは、

「得意なことと好きなことは違うかもしれない」

ということだったそうです。

というのも、大学生活について話していた時、

「来年は後輩に指導もしなくちゃいけないんですよ。なのに、全然、勉強したくなくて、マズイです」

という話になりました。

好きなことなら、言われなくても、勉強なり、準備したくなるはずなんですね。

おや?

と私が思うと、彼が、

「得意なことと好きなことは違うかもしれません…」

と言い出したのでした。

高校時代、一番、点数の取れた教科が好きだと思い込んで、学部も学科も、学校も選び、楽しいつもりだったのですね。

が、学年が進むにつれ、内容も深まります。
自分自身の奥底にある声に気付いたのでしょう。

これは大学生に限らず、我々も同じかもしれません。

私の話で恐縮ですが、私は算数が嫌いで嫌いで、本当にイヤでした。

なのに、かつてのクラスで、

「先生って、算数好きでしょ〜熱が入ってるもん」

と、四年生の子に言われ、愕然としたことがあります。

私の場合、四年生までは、あんなにスラスラできていた算数が、五年生になり、受験勉強も本格化する中で、面倒なことがイヤ、そして、できない自分を見るのがイヤで、逃げ出していたんですね。

その後も、ちょいちょい、算数について、周りの大人はヒントをくれていました。

例えば、中学三年の時、担任の先生が休みの日、どういう訳か、隣のクラスの先生が、

「青木、内緒で入試の時の成績を教えてやろう」

と急に言い出して、算数が良くできていた、と教えてくれたのでした。

高校生の時は、理系か文系かを選ぶ時、イヤでイヤで、顔も見たくなかった数学の先生に呼び出され、

「青木、理系も考えろ。医学部を考えろ」

と言われ、逃げ出したこともありました。

予備校では、やはり数学の先生に呼び出され、

「お前は、数学で文系大学を受けろ。強みになる」

と言われ、やはり逃げ出してきました。

思い込みとは、本当にスゴイなぁ、と思います。

お子さんは、お子さんなりに、

自分はこれが得意。
あれは苦手。

と決めていることも多いと思います。

が、それは意外と自分の逃げたいものから逃げ出す口実になっているかもしれません。

小学生だからと、なめてはいけません。
人間は言い訳の天才だと、自戒を込めて思います。

お子さんの得手不得手、そして、本当の好みをお母さんが、予断を持たずにつかんでおくことは、将来の可能性を広げることになるのではないでしょうか。

~~
〈講演・コメント・取材・執筆につきまして〉
 
こちらのページをご覧ください。

実績、お問い合わせ、お申し込み方法などをご案内しています。



ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に