卒業式シーズンです。正しい洋服のプロトコールを教えていますか?

卒業式シーズンです。

卒業式は、学校行事の中で、最も格式のある行事。

身だしなみや洋服のプロトコールを意識させる機会にしたいものです。

 

 

私の勤める学校では、昨日(3/15)が卒業式でした。

今年、卒業した子どもたちが2年生の時、担任していたのですが、あの大震災直後に担任したので、よく記憶に残っているクラスです。

 

さて、卒業式は、学校行事の中で、最も格式のある行事です。

以前のことですが、卒業式となると、校長先生は、モーニングを着ていた記憶があります。

 

私の勤める学校は制服があり、礼拝もあるため、日常的にブレザーを着用するのですが、それでも、洋服のプロトコールを意識することは、そうありません。

 

卒業式のような機会こそ、正統な服装とはどんなものか、意識するきっかけにしたらいいな、と思います。

 

私は、自分が担任していたクラスが卒業する時と、それ以外とで、着るスーツやネクタイ、ベストなどを変えています。

 

いくら卒業式が格式高いとはいえ、みんながみんな、服装のグレードを上げてしまっては、誰のための式かわかりません。あくまで、主役は子ども達、もちろん、卒業生たちです。

 

決められた業を全て終えて、次の場に巣立っていく卒業式は、ファッションショーではありません。

 

ちょっとしたことでいいと思うのです。

いつものスニーカーを、ちょっとお固い雰囲気のものにする、ということでも十分だと思います。

 

日頃、お気に入りのスニーカーが赤や青や黄色などの、子どもらしい色味なら、濃い青や黒を中心とした色味のものにするなど、そういうことでも、卒業生への敬意を表すことができます。

 

私の場合は、自分が担任したことのあるクラスの場合は、結婚式の時に仕立てた紺のスリーピースを着ています。生地に光沢はなく、パッと見の派手さはありませんが、ボタンは1つだけで、ジャケットの前身頃の裾は、大きく、丸くカットしたカッタウェイフロントです。

 

6年生の担任や校長を立てて、黒は着ません。

やはり、私は自分の立場、分というものも大事だと思いますので、担任していないクラスなら、無地の紺スーツを着ることが多いです。

 

昨日、私は子ども達に、服装のプロトコールについて、自分の服装に込めた思いについて話しました。

今までのクラスでも、折に触れて話してきたのですが、いつも子ども達は興味を持って聞いてくれます。今年は洋服好きの女の子がいるので、細かいこだわりの1つ1つを感心してくれて、嬉しいひと時でもありました。

 

子どもは元気に動き回ることが一番です。

ですから、私の勤める学校では、制服で登下校しますが、登校後、すぐに体操着に着替えてしまいます。服装の汚れを気にしていては、校庭で走り回れませんし、授業の前後にいちいち着替える時間がもったいないのです。

 

そんな子ども達ですが、年に一度でいいと思います。

服装のルールやマナー、文化を知り、ちょっとした意識をする経験は、大人になった時、役に立つように思います。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に