お母さん、グローバル企業でも活躍できる子どもを育てるために、どうぞワガママで、理不尽でいてください。

本来の自分をさらけ出せる安心感があれば、グローバル企業でも活躍できる!?

 

だったら、子どもの最も身近な大人であるお母さんが、本来の自分をさらけ出すことができたなら、お子さんもできることになります!

 

 

先日、「グーグルが突きとめた!社員の『生産性』を高める唯一の方法はこうだ」と題した記事をインターネットで読みました。(出典はこちら

 

超有名企業で、誰でも毎日のようにお世話になっている、巨大グローバル企業のグーグル社で、生産性の高いチームと低いチームの違いについて研究を行い、その要因を突きとめた、という記事です。

 

詳細は、上記の出典をお読みくださるとありがたいのですが、記事の結論は、

 

「本来の自分をさらけ出せる心理的安全性こそが、生産性を高める」

 

ということでした。

 

私は、この記事を読んで、本当にそうだな、と思いました。

これが小学校や中学校の教室の話ではないのです。

あのグローバル企業の話なのです。

 

いわゆるエリートや、独創性のあるプロの集団というイメージの企業。

それでも、結局は、

 

「本来の自分をさらけ出しあえるかどうか」

 

だけが、キーだったのです。

 

さて、それぐらい「本来の自分」に重要性があるのはわかりました。

だからと言って、簡単にさらけ出すことができるものではありません。

どうすればいいのでしょうか…

 

結局、身近な大人が、先に「本来の自分をさらけ出している」ということになるのでしょう。

つまり、お母さんであり、お父さんであり、おじいちゃんやおばあちゃんであり、そして、我々、教師たちです。

 

子どもは、私が本音で語っているか、通り一遍のきれいごとで済まそうとしているのか、一瞬で見抜きます。

 

ですから、実は、「本来の自分」は、もうバレている、とも言えます。

 

ならば…

なんのことはない。

今のままでいいんですね。

 

私は担任として、大切なお子さんをお預かりしています。

いろいろな意味での生命をお預かりしている、責任ある立場です。

当然、クラスで起こることのすべてに責任を負っています。

 

ところが、その責任を意識しすぎるあまり、「理想の教師」であろうとすると、結局、「ウソ」が滲み出てきます。

 

そういうものに、子どもはとても敏感です。

 

上述の記事でも、「本来の自分」と「仕事用の別の人格」を作り出すことの是非を検討していますが、子ども達の世界でも、このテーマは非常に重要です。

 

4年生ぐらいにもなれば、

 

「これは、学校用の自分、塾での自分やお家での自分は違うよ」

 

というようなことは、自覚しているものです。

ちょっと大人な子なら、

 

「あ、モード間違えた〜」

 

なんて、言ったりしますよね。

 

社会常識として、相手や場をわきまえた言動は重要ではありますが、家庭・学校のような自分の基礎となる場において、「本来の自分」と「場に応じた別の人格」を使い分ける癖をつけるのは、いずれ、問題を、特に心理的な問題を生じさせることになるのが心配です。

 

そう考えると、お母さんが安心して、「本来の自分」を出していることは、長い人生を見通した上で、とても重要なことだと思います。

 

どうぞ、安心して、ワガママで、理不尽に過ごしていただきたいと思います。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に