組み体操にこだわる必要があるのでしょうか?困難を乗り越える力は、いろいろな方法で育てられる。

組み体操にこだわる必要があるのでしょうか?

困難を乗り越える力は、いろいろな方法で育てられる。

しかも、それを人に見せる必要があるのでしょうか。


運動会といえば、リレーに徒競走、もしかしたら綱引き…
あなたにとっては、どんな競技が思い出に残っていますか?

運動会といえば、組み体操!
という方もいらっしゃるかもしれません。

皆で力を合わせて、お客さんに完成を見てもらう…

確かに、花形種目の一つと言えるでしょう。

が、実は私自身は、子どもの頃から、教師になった今まで、組み体操をしたことがありません。

友人たちの言葉からは、よかった思い出というものを聞いたことがないので、じゃあ、誰のための種目なんだろう…と思っていました。

このところ、組み体操による事故が多発し、問題になっているそうです。
「事故の危険」か「教育効果」か=広がる組み体操規制(時事通信)

なるほど。
困難を乗り越える力、特にクラスみんなで!というのが、狙いなのですね。

しかも、大きくて、迫力もあるので、アピール度は高いわけです。

私の勤める学校は、日常の、当たり前の生活こそ第一、という理念があるので、良くも悪くも、「見せる」ための活動に授業時間を割くことを極力、減らしています。

ですから、私の記憶にある限り、運動会の検討で、組み体操の検討をしたことはありません。

徒競走、リレー、綱引きに、学年毎の種目など、子どもが、真に動く競技を、できる限り、たくさんできるようにします。

もちろん、皆で、困難を乗り越える経験は大切です。
特に中学年以降は、そういう経験は必要でしょう。

しかし、それをなぜ、人に見せる必要があるのでしょうか。

自分たちの心からの努力は、イベント云々ではなく、何のことはない、当たり前の生活の中でこそ必要なのではないか、と私は思っています。

組み体操…
困難を乗り越える経験をさせたいのが、本当の目的なら、もっと、目の前の日常に、いろいろな方法があると思います。

~~
〈講演・コメント・取材・執筆〉

こちらのページをご覧ください。
実績、お問い合わせ、お申し込み方法などをご案内しています。



ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に