お花見シーズンを前に、ママ友関係に、ヒヤリとした風を吹かさないヒントとは…

無理なものは無理でいいけれど、その伝え方を工夫したい。

 

言い方を間違えると、お花見シーズンを前に、ママ友関係に、ヒヤリとした風を吹かしてしまうかもしれません。

 

他人の作ったおにぎりを食べられない小学生は25パーセントにもなっているそうです。

※出典はこちら

 

同じようなテーマについて、以前、テレビ番組で県民性の違いを特集していたのを見たことがありますが、衛生意識の高まりは、小学生にもあるのでしょう。

 

そういう状況に対して、

 

「だから、今時の子は弱いんだ。少しぐらい、砂がついてたって大丈夫なんだよ〜」

 

というような衛生批判論も起こるものですが、私の考えは、

 

「嫌なら嫌でいい」

 

ということです。

 

私も、かつては、ある意味、潔癖性時代に疑問を持っていました。

子どもには、たくましさも重要、と思っていました。

 

が、経験を積むにつれ、そういうことで、子どもを追い込む必要があるのだろうか…と思うようになりました。

 

例えば、お母さんやお父さんなど、身近な家族の衛生意識が高い場合、それを批判する権利が、学校にあるでしょうか?

 

また、お母さんやお父さんは、全く気にしないタイプでも、お子さんにある種のこだわりがあって、どうにも受け付けない、ということもあるのです。

 

これを好き嫌いはいけない、などという正論で、やはり子どもを追い込む必要があるのでしょうか?

 

ですから、私は、

 

「嫌なら嫌でいい」

 

と思うのです。

 

しかし、その「嫌だ」ということの表現方法には気をつけさせたいものです。

 

私の勤める学校では、2年生から1週間近く、臨海学校に行くのですが、そうすると、嫌なもの、苦手なものをいただく機会も、当然ありえます。

 

そんな時、どうしても無理なら、無理でいいと私は思っているのですが、

 

「こんなのムリ〜」

 

とお箸で、ピンとはねるような態度を取る子がいることがあります。

 

これは、嫌であることの表現方法を間違えているのですね。

 

例えば、

 

「口に合わないので、すみません」

 

など、別の表現方法を教えてあげることも必要でしょう。

 

だんだん、春めいてきました。

お花見など、公園やアウトドアで、皆さんでお弁当を持ち寄って楽しむこともあるかもしれません。

 

そんな時、せっかく友達のお母さんが握ってくれたおにぎりを

 

「あ、汚いかもしれないから嫌だ」

 

ということを直球勝負で言ってしまうと、せっかくの楽しいムードもヒヤリとした風で冷えてしまいかねませんね。

 

無理なものは無理でいい。

だから、その伝え方を練習しておくことをお勧めします。

~~
〈講演・コメント・取材・執筆〉

こちらのページをご覧ください。
実績、お問い合わせ、お申し込み方法などをご案内しています。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に