友達がたくさんできる子に育てる極意とは。

友達がたくさんできる子に育てる極意とは。

それは、本音に正直であること。


人にはそれぞれ性格があり、まさに千差万別です。
いろんな人と関わって、毎日を過ごすことは、楽しい反面、大変なことも多いでしょう。
それは、大人も子どもも同じです。

さて、4年生ともなると、かなり周囲も見えるようになり、本音と建前を使い分けられるようになるものです。

まして、女子ならば、さらにそういうものでしょう。

確かに、処世術の1つとして、建前というものは必要でもありますが、自分でそれを自覚しているかどうか、ということが、とても大事だと思います。

自分が相手に言っていること、考えていることは、本音なのか建前なのか…

子どもの人間関係という観点では、建前というよりも、「無理に合わせている」という言い方の方がいいかもしれません。

いずれにせよ、自分で自分の本音をわかっているかどうかが、とても大切だと思います。

子どもたちは日々、お互いに気遣いをして、我慢をしています。
本音むきだしの野生児に見えて、実のところ、本音は言えていない、ということは、けっこうあることです。

人間関係を円滑にするために、「無理に合わせる」ことがあるにしても、最低限、誰かには本音を言えることが絶対に必要だと思います。

そして、それはまず、お母さんであったら、いいなと私は思います。

それを安全基地にできるからこそ、例えば、お父さんにも言える。次に先生には言える。そして、徐々に友達にも言える。

というように世界を広げていけるのでしょう。

では、今、お子さんがお母さんにおっしゃっていることは、「本音」なのでしょうか?
もちろん、お母さんにだって、いや、大切なお母さんにだからこそ、「無理に合わせる」ことも多いと思います。


確認するコツは、

・「どんな気持ち?」「どんなことがあった?」
など、幅広く答えられる質問をすること。

・答えが出てくるまで、黙って待つこと。

 

・しかも、少し微笑んで聞くこと。

・そして、とりあえず、してくれた回答は、本音だと考える。つまり、「本当は無理してない?」などと、疑わないということ。

です。

かつて、私はこんな失敗をしたことがあります。
子どもと話していて、こう聞かれたのです。

「なんて答えればいいの?」

つまり、私が私の想定に誘導している、ということです。

この言葉、質問は、私にとって大いにショックだったとともに、その子自身の気持ちを考えてみよう、という意識になったきっかけになりました。

とはいえ、私自身、誰かに対して、常に本音に正直、ということはできないと思います。親はもちろん、妻に対しても、本音全開というものでもありません。
むしろ、それは必要なことだとも思います。

ですから、お子さんがお母さんに対しても、少々「演技」があったとして、当然なのです。
本音をすべて聞き出そう、明らかにしよう、としないでおくことも大事な秘訣だと思います。

そんな心もちで、お子さんと話していると、次第に、自然と本音が出てくるようになると思います。

すると、その結果、その子の心は安定し、友達からも信頼される強さが育つように私は思っています。

 

 

~~~~~~~~~

<講演・取材・コメント・執筆>

ご相談、ご依頼は、こちらのリンクからお願いいたします。

 

基本的には、平日の夜間、土曜日・日曜日・祝日、長期休み中に限らせていただいておりますが、

よろこんで、全国どこにでも参ります。

料金は、対象・人数・時間・ご予算によって、相談させていただきます。

 

〜お母さん向け事例〜

・「怒鳴ってしまう、その前に!心を鎮める3つのヒント」

・「お母さん!あなただからこそ、お子さんを輝かすことができます」

・「お子さんをプレッシャーから守る言葉かけ」

など

上記以外も、趣旨を伺い、よりよい時間になるよう、ご一緒に考えさせていただきます。

  

 

<執筆>

ホームページやブログの過去記事を活かして書籍化されたい、というようなご依頼もお受けします。

もちろん、ご企画段階のものでも、お問い合わせくだされば、ご相談に応じて、

書かせていただきます。

〜例〜

(株)経済界「むさしの学園小学校の母親を変える教室」

 

<取材・有識者としてのコメント>

ラジオ・テレビ・新聞・雑誌・WEBなどにおける、

教育問題、子育て問題、母親問題、子ども事情、学校事情

といったテーマについて、取材やコメントのご依頼を

お受けしております。

〜例〜

(株)小学館「edu 2014年10月号」

など

 

 

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に