怒ることも叱ることも同じ。単純に損をしているだけ。

怒ることも叱ることも同じ。

言葉のアヤに惑わされず、怒っている人は損をしている。という単純なことを知っておくといいのでは?

怒るべきか、怒るべきでないか、という精神的な問題ではなく、システムとして…


先生、あの子を叱って!


と言われることがあります。


話を聞いてみると、なるほど。確かに、よくない。

その子を叱ってみたとします。
すると…

先生、怒りンボだね…

と冷ややかに見られる。

なんてことにもなります。

これは、私の上手い下手もあるでしょうが、それよりも、何よりも、怒っている人が発散する負のエネルギーが、周りの人々にダメージを与えるからではないかと思います。

先生!
怒るからダメなんじゃないですか?
しっかり、理屈を通して、叱らないと…

いえ。
私の考えからすると、怒ることも叱ることも同じです。

感情的になることが怒る、筋を通しているのが叱る、という使い分けは、大人の都合です。


その人の立場で、感情的なのか、理屈を通しているのかが決まる訳です。結局、怒るも叱るも、何にも差はないと思います。

わかっちゃいるけど、なかなかできないこと。
本当はわかっていることとして、

大人の状態が子どもにうつってしまう

ということがあると思います。

お母さんや先生が、いつもニコニコ、上機嫌なら、お子さんも上機嫌になりやすいでしょうし、いつも怒っていれば、お子さんは何かを抑圧しやすいでしょう。

教室も同じです。

誰かが怒り出すと、そのエネルギーはすぐに伝播します。

どれだけ怒っている内容に正当性があっても、怒りグセのある人は、結局、理解してもらいにくいです。

しつけや教育という機能を使って、正しいことを要求し過ぎると、子どもを傷つけてしまうようです。

私は、職業として、正しさを教えることをしていますから、折に触れて、それを再認識する努力をしています。

正しさを要求し過ぎるとどうなるか。

それは、子ども達の様子を見ているとわかります。

ん?
なんか響かない…

そんな兆候に気づくと、私はまず、言葉を減らします。
焦って、言葉を重ねると、大変です。

お母さんだって、先生だって、人間ですから、理不尽に要求してしまうこともあるでしょう。

そういう理不尽さを、どうやり過ごすか、ということも、子どものうちに学ぶべき処世術でもあると思いますが、大人の側としては、怒ることは損だ、と思っておくと、ふと立ち止まる機会になると思います。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に