3か月に1回でいい。期待を手放すと、ステップアップのきっかけになる。

「こうあってほしい」

「こうなるはず」

という期待、固執をどこまで手放せるか。

 

3か月に1回ぐらい、手放してしまえば、ステップアップのきっかけになる。

 

 

固執や執着が、悩みの素だとよく言います。

だから、それらを手放すことができれば、心は幸せ、と言いますが、そんなことができれば、苦労はしません。

 

自分自身のことなら、まだそう思えたとしても、大切なお子さんの成長を考えると、期待を手放してしまったら、それはまた、問題が生じてしまうでしょう。

 

この子なら、これぐらいはできる…

 

そう、私が思っても、時間が思ったよりもかかるかもしれません。

実は、私が期待した特性は、その子のらしさが活きる部分ではないかもしれません。

 

でも、ちょっとうまくいかないからといって、すぐに手放してしまったのでは、成長のステップを上がることができません。

 

このあたりのバランスは、とても難しい。

いつも、そう感じます。

 

まして、親子の間のことです。

そう簡単なことではないと思います。

いろいろな感情が入ってしまい、考えあぐねてしまうことも多いのではないでしょうか。

 

ということは、まず、そもそものベースとして、期待や固執を手放すことはムリということなのだと思います。

 

ですから、イライラしたり、悲しくなったりするのは、当然のことなのでしょう。

 

が、ふと気付いた時、イライラしたり、悲しかったりすることを整理して、

 

「うーん。少し、期待をし過ぎて、苦しめてしまったかな?」

 

と考えてみると、どうも、ちょうどいいガス抜きになるのではないか、という気がします。

 

私の勤める学校では、年に二回、個人面談をおこなっていて、20分程度ではありますが、お話をうかがっています。さらに、いつでも、希望があれば、面談をしています。

 

そんな時、私から、

 

「もっと期待を手放してください」

 

とお願いするのではなく、丹念にお話をうかがっていくと、ある時、

 

「私が、期待しすぎてるんですよね…」

 

と、ボソッと話してくださることがあります。

 

その気づきがあったら、すぐにトラブルはおしまい、というわけではありませんが、きっと次のステージに上がるきっかけになるのだろうな、と思います。

 

ですから、毎日、毎日、イライラして、悲しくなって、嬉しくなって、というのは当然だけど、3か月に1回ぐらい、手放す機会を作るのは、進歩の大きな原動力になるように思っています。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に