ゲーム機バキバキ事件に思う、「制裁」の効果

ゲーム機バキバキ事件に思う、「制裁」の効果

 

ゲーム機をバキバキにする程の怒りは、さすがに人を動かすと思います。

が、そこまでやってしまう人なら、そういう怒りは、よくあるのではないかと思われ、そうだとすると、慣れてしまって、効果はなくなるのではないでしょうか。

 

 

バイオリニストの高嶋ちさ子さんが、2月12日付東京新聞に書かれたコラム、「ゲーム機バキバキ事件」がネット上で、大炎上した、との話を見かけます。

 

このような話は、高嶋さんだから大炎上したのであって、世の多くのご家庭で、よくある話なのではないかと思います。

 

まさか、バキバキまではしません!

 

とおっしゃる方も、ゲーム機没収ということなら、ご経験もあるのではないでしょうか。

 

しなくてはいけないけれど、したくない。

 

そういうことは、たくさんあります。

 

自分から、進んでやってほしいけれど、なかなかそうもいきません。

 

そこで、何度も何度も、言う羽目になり、お互いに辟易してしまうこともあるでしょう。

 

最終的には、雷を落とす、お楽しみを取り上げる、あるいは、成功報酬をぶら下げる、ということになりがちです。

 

こういう方法は、ある一定の効果があるように私は思います。

が、それは頻度が少なければ、ということです。

 

「結局、お母さんは、怒鳴って終わりだからな~」

 

と子どもに思われてしまえば、効果はなくなります。

むしろ、この怒りさえすぎてしまえば、もういいや、ということになります。

 

そもそも、怒っている人は、どうも、「怒っている」というだけで、大きく損をしているようです。(もちろん、自戒をこめて言っています)

 

どれほど、怒っている内容が正当なものでも、「怒っている」というエネルギーが、人にダメージを与えるのでしょう。

 

人を呪わば、穴二つと言いますが、

 

「これだけ、お母さんは怒っているのよ」

 

というエネルギーの放出は、内容よりも、怒りのエネルギーへの拒否感を誘発してしまうようです。

 

ですから、ゲーム機バキバキの効果は、というと、1回や2回は効果があるでしょうが、3度目はもはや、ダメなのではないかと思います。

 

何とか、落ち着きを保って、子どもに話を伝えたいものです。

 

それにしても…

本論とはずれますが、このバキバキ事件を受けて、

「やりすぎ」「虐待だ」

という声が上がるというのも、いいような、悪いような、複雑な気持ちです。

 

「やりすぎだ」

 

というのは、わかります。

 

しかし、

 

「虐待だ!」

 

というのは、少々、過剰な気もします。

実際、そういう小さな出来事の奥に、ひどい虐待が潜んでいることもありますから、慎重になった方がいいとは思いますが、それにしても、ちょっと批判も行きすぎかな、という気がしました。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に