子どもの心を静めるヒントとは?

子どもの心を静めるヒント

 

代わりに言葉にしてあげる。

 

 

今日のヒントは、低学年以下の子を対象にしたものですが、場合によっては、高学年どころか、思春期を経て、大人でも、場合によっては、うまく使えるかもしれません。

 

昂奮している子にとっては、早く気持ちを静めたいのにできないのは、苦しいことです。


そんな時、

 

「どうしたの?何があったの?説明してごらん」

 

などと、どうにか事情を把握しようとされるかと思います。

 

が、興奮は興奮を呼ぶので、なかなか、うまく説明できないことが多くあります。

ケンカして泣いている低学年の子を想像していただけると、わかるかと思いますが、泣くばかりで、結局、何があったのか、誰が、どうしたのか、ちっともわからない、ということは、よくあります。

 

まあ、これは低学年の子に限った話ではないかもしれません。

大人だって、腹にすえかねることがあった時は、昂奮のあまり、結局、詳しいことがわかるまで、時間がかかることもあるような気がします。

 

さて、そんな興奮状態のままでは、気持ちを切り替えることもできません。

そこで、オススメなのは、気持ちを代弁してあげることです。

しかも、最初は、

 

「おや~相当、嫌なことがあったようだね…」

 

と、余裕のある様子で、声をかけるといいと思います。

 

大人の側が興奮していては、さらに興奮の度合いを高めるだけです。

まず、余裕です~という様子で、動きをゆっくり、大きくするのも大事でしょう。

 

さらに、

 

「嫌なことがあったの?」

 

ではなく、

 

「嫌なことがあったように、私には見えるよ」

 

という、「私」のメッセージを投げかけます。

これは、船から海に落ちてしまった人に、浮き輪を投げるのと同じだと思います。

 

「おぼれてますか?浮き輪はいりますか?」

 

とは聞きませんよね。

とりあえず、浮き輪を投げますよね。

 

「嫌なことがあったようだね」

という言葉は、これから、あなたの興奮を一緒に静めて、気持ちをなだめていくよ、という合図の浮き輪です。

 

もちろん、「私」には、「嫌なことがあった」ように見えましたが、本人は違うかもしれません。

嫌、というより、悲しい、とか、腹が立つ、のような言葉の方がしっくりくるかもしれません。

そうであれば、首を振ったり、あえて反応しなかったりという反応があるでしょう。


その時は、

「じゃあ、〜なの?」

と、いい反応があるまで、聞いてあげればいいと思います。


ここまでするなんて、甘やかしている!

と、思われるかもしれません。

たしかに、そう思えて当然です。


が、私が思うのは、先々、自分の言葉で困っていることを言えるようにするためにこそ、今は、あえて、手を貸している、ということです。


手を貸してもらい慣れることは、依存癖をつける、という考え方もありますが、私の経験では、依存させないから、いつまでも依存してしまう、ということなのです。


ですから、将来、お子さんが自分のことを自分で主張できるためにこそ、「今」は、あえて代弁してあげることが大切なのだと思います。

     

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に