お子さんに自信をつけたいと思っているお母さんへのヒント

自信と優越感は別。

 

お子さんに自信をつけたいと思っているお母さんへのヒント


我が子には、自信をつけたいんです!

そうおっしゃる方が、たくさんいらっしゃいます。
事実、テストの点数もよく、友達もいる子なのに、ひょんなことで、ネガティヴになる子も、多いと思います。

具体的な数字として、点数のよさが示されているのに、

「いや、これは簡単なテストだったから、実際にはできない…」

「先生は、そう言ってくれるけど、友達は、みんな僕が嫌いなんだよ。」

などと、度を超えて不安が強いのも、また困ります。
そんなお子さんをお持ちのお母さんは、それをよくわかっていて、我が子には自信をつけたい、とよくおっしゃいます。

それで、詳しく話を聞いてみますと、

「あなたは、これもできるし、あれもできるから大丈夫」

というような、言葉かけで励まされているようです。

もちろん、私も、子どもにはできていることに目を向けるようにアドバイスするのですが、度を超えて、不安が強いなら、方向を変えた方が良さそうです。

つまり、できることがあるから大丈夫、なのではなく、できなくても大丈夫、という向きで、励ますのです。

以前、頑張り屋さんの女の子がいました。
長女で、5歳年下の妹は、体が弱く、入院することもあり、手術するかもしれない、なんて話も伺った記憶があります。

それもあってでしょう。
彼女は、本当に頑張り屋さんで、頑張った甲斐あって、勉強も、よくできました。

なのに、いつも、まだまだ〜というムードを醸し出しているのです。

そんな彼女に、私も初めは、できているね、頑張ったね、と声をかけていたのですが、逆いってみるか〜と思い、あるテストの後、こう言ってみました。

「さすが、よくできたね!でも、たとえ間違えても、あなたの良さは変わらないからね。」

その時の彼女の顔…
ビックリしたような、目をパチパチした様子を、よく覚えています。

また別の男の子の話ですが、彼も同じような感じがあるな、と思ったので、似た言葉をかけました。

すると、

「お母さんは、そうじゃないみたいだよ」

とボソッと言いました。
これも印象的な出来事です。

お母さんは、たとえ少々、勉強でミスしても、何かをやらかしても、心の底では、許してくださると思います。

が、子どもの方は、肩に力が入っているのですね。
ちょっとしたことを、実態以上にとらえやすい傾向があります。

何かができるからよい、ということは、できなければダメ、ということと表裏一体です。

それに、その心理は、誰かより優れていればよい、という優越感の心理と密接に絡んでいると思います。

そうだとすると、自分のよさを他人の基準に照らす心のクセがついてしまうでしょう。それは、自分らしさを生かすこととは、実は逆の方向を向いているのです。

他の誰でもない「私」を生かす、ということは、何ができようと、できまいと、私は私というだけでいいんだ、ということを基礎にしています。

まぁ、私もなかなか、そうは思えないものですが、まず、私自身がそうあろうと思っています。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に